福井県勝山市で「勝ち山おろしそば手形」利用開始! 中尾彬も夫婦でPR

写真拡大

福井県勝山市で9月8日(土)から「勝ち山おろしそば手形」の利用がスタートした。

江戸時代の通貨、「寛永通宝」をデザインしたコインを3枚づつ紐に通したもので、質感も銅銭そのものというこだわり様だ。

市内10カ所のそば処で使用でき、1セット3枚で1,500円。

そばは一杯600円相当なので100円お得だ。

手形の使用期限は購入時から無期限。

ただし、使用できなかった場合、現金と交換はできないので注意。

使用できる店舗は、めん工房きふね、越前そば処勝食、食庵おり田、手打ちそば八助、のむら屋、やく志屋、手打ちそばどうせき、中村屋、勝山温泉センター水芭蕉、石挽きそば好太郎、の計10店舗となる。

「勝ち山おろしそば」は2012年度から勝山市が全国に情報発信、ブランド化を図っている。

芸能界で食通として知られる俳優の中尾彬、池波志乃夫妻が「勝ち山おろしそば」の観光特使に就任し、メディア等でPRしている。

「勝ち山おろしそば」は、市麺類組合などと協議し、そば粉8、つなぎ2の二八そばで手打ちであること、勝山産のそば粉を使用していること、食べる人が大根おろしを入れただしを自分でかける、以上の条件を満たして認定される。

登録店舗には登録証と「勝ち山おろしそば」ののぼりがあるので、それが目印だ。

勝山市にはこのほか、白山信仰の開祖泰澄大師により開山され、境内の苔が美しい「平泉寺」、天守閣の形をした「勝山城博物館」、全長17mの「越前大仏」がみどころの大師山清大寺など観光地が多い。

さらに、かつやま恐竜の森(長尾総合公園)には、「福井県恐竜博物館」がある。

40体もの恐竜骨格、千数百もの標本、大型復元ジオラマなどが展示されている。

恐竜に関する博物館としては国内最大だ。