アサギマダラが舞う赤城自然園、初秋・晩秋に季節開園 - クレディセゾン

写真拡大

クレディセゾンは10日、”豊かな自然”を次世代に引き継ぐというポリシーのもと運営している赤城自然園の初秋・晩秋の季節開園を、初秋は9月14日〜10月8日、晩秋は10月19日〜11月18日の2回に分けて開園すると発表した。

期間中は無休。

赤城自然園では、多くの人に美しく豊かな自然の四季に触れてもらうため、季節の見ごろに合わせ、春・夏・初秋・晩秋の季節開園を行っている。

初秋の森では、薄水色の美しい羽をもつアサギマダラが優雅に舞う。

1000km以上を旅する渡りチョウであるアサギマダラは、赤城自然園に群生するフジバカマの香りに誘われて、多い年では1シーズンに4000〜5000頭が飛来。

その生態は解明されておらず、赤城自然園ではマーキングによる生態調査を行っており、来園する人も参加できる。

森が冬支度を始める晩秋では、種類豊富な木々が順々に色づき、約60haの広大な園内を紅や黄に染めていく。

秋の風音、綿菓子のようなカツラの木の甘い香り、ツリバナやユキザサ、ムラサキシキブなどの艶やかな木の実など秋の魅力を五感で楽しむことができる。

また、10月28日の”群馬県民の日”は子どもは無料で入園可能。

期間9月14日〜10月8日 / 10月19日〜11月18日時間9:00〜16:30(入園は15:30まで)入園料大人1000円、小人300円(小学生〜高校生)。

セゾン・UCカードの提示で、大人入園料が500円(会員本人のみ)となる。

年間パスポートは大人3000円(1シーズン何度でも利用可能)。

入園料は赤城自然園の環境保全に利用しているアサギマダラのマーキング体験生態調査を目的とした渡りチョウのマーキング。

初秋の開園中毎日(参加無料)子ども向け体験学習プログラム「植物の生きる知恵」をテーマとした体験学習会。

初秋9月30日、晩秋10月28日 8:00 池袋駅東口に集合写真家新井幸人氏と行くフォトツアー新井氏を講師に招く季節の見ごろに合わせた撮影会 : (1) 9月27日8:45〜11:00 約2時間の撮影会。

アサギマダラ中心に撮影、(2)11月9日8:00〜15:00 午前中は紅葉を中心の撮影会、午後はベスト写真をプリントし新井氏より講評を受けるプログラム