名古屋の結婚式はあまりの豪華さに家が傾く? 結婚式の「今と昔」

写真拡大

「名古屋人は見えっ張り」。

そんな通説を裏付ける好例が、名古屋のド派手結婚式にまつわるエピソードだ。

「名古屋で娘が3人いたら家が傾く」「嫁をもらうなら名古屋から」。

かつてはこんな言葉がよく使われたものだ。

いかに娘を華やかに送り出したか、嫁親の見えっ張り感情が名古屋の結婚式事情には色濃く反映されていたのだ。

今回は、そんな名古屋の結婚式ならではのユニークな文化をご紹介しつつ「今と昔」の違いをレポートしよう。

結婚式当日、新婦が結婚式場にたつその前に、家の2階などから、枕くらいの大きさのお菓子の袋詰めが大量にバラまかれる。

これを目当てに、集まった近所の人たち(おばあちゃんから子どもまで)が壮絶な争奪戦を繰り広げるのが「菓子まき」だ。

最近は結婚式の余興として結構な人気のようで、厳かに結婚式が挙行された後、参列者は結婚式場の中庭に出るよううながされる。

そこから建物の2階を見上げると、新郎新婦が窓から顔を出し、レッツ盛大な菓子まきを始めるのだ。

さっきまでの挙式の厳かさはどこへやら「こっちゃー!」「ウチの子どもがまだ取っとらんー!」叫び声が響きわたる。

デパートのバーゲンに群がるおばちゃんを上回る迫力である。

このブライダル用菓子は、名古屋市西区明道町にある「明道町 菓子問屋街」と呼ばれているエリアで入手することができる。

今も昔も、多くの問屋の看板に「嫁入菓子」と赤々とペイントされているのも、名古屋ならではだろう。

名古屋の嫁入りで、ステータスを決定付ける最も大きな要素、それは嫁入り道具だ。

かわいい娘の輿(こし)入れに、いかに豪華な婚礼家具を用意できるか。

それをまたご近所さんにいかに派手に見せびらかすか。

ここに全てを賭けるのが、名古屋嫁入りの醍醐味(だいごみ)である。

東京の人が見たら爆笑ものだろう。

象徴するアイテムとは、トラックの荷台に嫁入り道具を満載にして町を疾走する「嫁入りトラック」である。

荷台に満載の婚礼家具を紅白の帯で結び、新居へ向かうトラック。

ただし、家具店から新居にではないのだ。

家具は一度、家具店から新婦方の家に運ばれ、そこで身内やご近所を対象にした「内覧会」が行われるのだ。

たんまりと「立派な家具だがね〜」「あんた、ええねぇ〜」と褒めまくってもらい、よし! 上機嫌で新居へと向かうというわけだ。

ちなみにこの嫁入りトラック、運転のバックは「出戻り」に通じて縁起が悪いというジンクスがあり、決してバックをしてはいけないと決まりまである。

かつては荷台がガラス張りになって中がよく見える「寿トラック」や、嫁入り道具のレンタル業者まで存在していたという。

名古屋人の見えっ張り根性は尋常ではない。

しかし、時代は変わった。

ここまで派手に書いておいてなんだが、こういった名古屋の嫁入り文化は、近年、確実に縮小傾向にある。

地元の主婦たちに尋ねてみても、嫁入りトラックはここ数年、目にしていないという。

「若い世代は、私たちジイチャンバアチャンに比べて”近所付き合い”なんて全くしないでしょ。

内覧会をして嫁入り道具を見せびらかすような近所友達が、そもそもいないでしょう」。

そう語る近所のご婦人たち。

なるほどと思う反面、寂しい現実であるとも感じる。

結婚式の引き出物もそう。

ひと昔前は名古屋の披露宴に出ると、両手に袋パンパンの引き出物をいただいた。

どう考えても使えないような重い皿やつぼまであった。

しかし、近年はA4サイズのカタログギフトが幅を利かせているようだ。

「結婚式だけじゃないでしょ。

料理でも家づくりでも何でもそう。

派手なものをきちんとやると、手がかかるのよ。

金も時間もかかるし、たくさんの人が参加すれば、当然、気を使う。

だから今の世の中、なるべく人間関係を拡大せず、身内だけでこぢんまりして、つましく、省エネルギーで無駄も無くして引き締めたいのよ」。

オールド主婦たちはそう語るがしかし、全国一斉に、皆が皆その方向に走ってしまうと不景気に拍車がかかるだけじゃないのか? 人生に何度もない大イベント結婚式くらいドカーンと一発!他県の人に非常識だの悪趣味だのと言われてもいいじゃないか。

ド派手な結婚式文化を名古屋くらいは若者が継承していくのも、日本全体を明るくするために必要なことだと思うのだが……。

みなさんはどう思うだろうか?