自己啓発書に映し出される現代人の「心」 -2-

【>>前回のあらすじ】「自分を変える」「他人を変える」本がベストセラーの常連となったのは1990年代後半から。では、3.11のあと、人間の「心」を扱う本は、どのように変化したのか。

■TOPIC-2 自己啓発書は3.11を語ったのか

私のみる限りでは、2011年以後の「心」に関するベストセラーは、大きく2つの傾向に整理することができます。

一つは、読み手自身の不安や怒りを鎮め、悩みを解消し、苦しみを取り除こうとするための書籍です。たとえば、直接「心」という言葉をタイトルに用いているものでは、植西聰『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版社、2011)、本田健『読むだけで心がラクになる22の言葉』(フォレスト出版、2012)、長谷部誠『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』(幻冬舎、2011) などがあります。

----------

『折れない心をつくるたった1つの習慣』
 植西聰/青春出版社/2011年
『読むだけで心がラクになる22の言葉』
 本田健/フォレスト出版/2012年
『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』
 長谷部誠/幻冬舎/2011年

----------

もう少し広く、「心」に関連する言葉を探していくと、石原加受子『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』(すばる舎、2011)、小池龍之介『ブッダにならう苦しまない練習 シンプルだから実践できる。今日からもう、悩まない』(小学館、2011)、ロングセラーになっているものとしてはさらに嶋津良智『怒らない技術』(フォレスト出版、2010)などを挙げることができます。ここでは挙げきれませんが、書店に行けばこういった類の書籍は他にも多く見ることができます。

----------

『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』
 石原加受子/すばる舎/2011年
『ブッダにならう苦しまない練習 シンプルだから実践できる。今日からもう、悩まない』
 小池龍之介/小学館/2011年
『怒らない技術』
 嶋津良智/フォレスト出版/2010年

----------

もう一つの傾向は、トルステン・ハーフェナー『心を上手に透視する方法』(サンマーク出版、2011)のような、他人の心理を誘導・操作しようとするハウツーを扱う書籍です。最近では、こうした心理誘導・操作技法をテレビでもみることができます。つまり、「メンタリスト」のDaiGoさん のことです。彼は『DaiGoメンタリズム 誰とでも心を通わせることができる7つの法則』(ワニブックス、2011)、『人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム』(扶桑社、2012)といった書籍も出版しており、双方ともに本の帯やDaiGoさんのオフィシャルブログでは「10万部突破!」と喧伝されています。

----------

『心を上手に透視する方法』
 トルステン・ハーフェナー/サンマーク出版/2011年
『DaiGoメンタリズム 誰とでも心を通わせることができる7つの法則』
 DaiGo/ワニブックス/2011年
『人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム』
 DaiGo/扶桑社/2012年

----------

■震災前後で内容が変わらない

さて、今紹介した傾向のうち前者、つまり不安や苦しみを解消しようとする書籍群について、さしあたり私は次のようなことを考えました。こうした書籍が売れるのは、やはり震災の影響があるのだろうか、と。

もちろん、そのような思いで先に挙げた書籍を手にとった方は間違いなくいるでしょう。しかし、実際にこれらの書籍を読んでみると、またそれ以前のベストセラーをみていくと、どうも私の見立てはそう単純にあてはまるものではないと思うに至りました。

というのは、これらの書籍の多くには、震災に関連する文言がほとんど出てこないからです。たとえば心理カウンセラー・石原加受子さんの『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』は、日々のイライラは「他者中心」の考えをとっていることによるもので、「自分中心」の考えをとればイライラは解消できるとする書籍です。より具体的には、職場での上司、同僚、親、友人や恋人など、人間関係のすれ違いから発生するネガティブな感情を根本から断ち切る思考法が論じられています。

この書籍が独特なのは、どのような職場でもあてはまり、また10年前でも10年後でもあてはまるような書き方がされていることです。だからこそ多くの人に読まれうるわけですが、逆にいえば、たとえば不況下で職場環境が変化したために人間関係が悪化したというような、具体的な社会的背景についての描写がまったく捨象されているのです。このような著述スタイルであるため、震災についても記述はありません。

とはいえ、同書の刊行は2011年5月末なので、震災関連の記述を期待するのはないものねだりです。重要なのは、今挙げた本の傾向を踏まえて、石原さん の近著である『「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本』(2012、すばる舎)と比べてみることです。

----------

『「やっぱり怖くて動けない」がなくなる本』
 石原加受子/すばる舎/2012年

----------

同書は、思い通りの人生を送れないのは「他者中心」の考え方をしているからで、「自分中心」の考え方を身につけて人生を好転させようという内容の書籍です。基本的には上掲した主張とほぼ同じだといえます。挙げられる事例もまた、職場での上司、同僚、親、友人や恋人との人間関係において自分の主張を引っ込めてしまうといった類のものです。そして同書でも、社会的背景に関する文言はほぼ出てきません。つまり、震災前後で著述内容にまったく変わりがないのです。これは石原さんに限らず、嶋津良智さんの『怒らない技術』と続巻『怒らない技術2』(フォレスト出版、2012)を比べても同様です。

----------

『怒らない技術2』
 嶋津良智/フォレスト出版/2012年

----------

こうしたことに私が注目するのは、「震災の影響」がこの連載の趣旨に関わっているからです。もちろん、「震災の影響」というテーマは軽々に扱えるようなことがらではないとは思うのですが(これは、自己啓発書の書き手にとっても、私自身にとってもです)、この連載の目的の一つは、2011年の震災を経て、「生き方論の結晶物」としての自己啓発書に何らかの変化が起きているのかを観察することにあります。そこで先のような雑駁な見立てを行ってみたのですが、どうも「心」に関する書籍群にはその影響をあまりみてとれなさそうなのです。

ここで2011年3月以前のベストセラーに目を転じると、人間関係から生じるネガティブな感情を解消しようとするベストセラーは、震災があって初めて出てきたのではなく、震災以前からのものであることがわかります。

嶋津さんの『怒らない技術』がまさにそうですし(同書はより以前の2007年に出版された『雨がふってもよろこぼう! 人生が良い方向に向かう!心を鍛える25の習慣』フォレスト出版、2007の改題版でした)、石原さんはそれ以前から『「つい悩んでしまう」がなくなるコツ』(すばる舎、2009)など、上掲したものと同内容・同路線の書籍を刊行し続けています。植西聰さんも、『折れない心をつくるたった1つの習慣』以前から、『1秒で「心が強くなる」言葉の心理術』(三笠書房、2010)といった同路線の書籍を数多刊行しており、震災後もその路線にぶれはありません。本田さんの書籍もまた、数多ある彼の「しておきたいこと」「習慣」「法則」本の一展開だとみるべきでしょう。

----------

『「つい悩んでしまう」がなくなるコツ』
 石原加受子/すばる舎/2009年
『1秒で「心が強くなる」言葉の心理術』
 植西聰/三笠書房/2010年

----------

■自己啓発書に固有のダイナミズム

とはいえ、近年の「心」に関する書籍において、まったく震災への言及がないわけではありません。たとえば2012年1月に刊行された本田健さんの『読むだけで心がラクになる22の言葉』では、「地震、不況などの影響で、不安や心配に押しつぶされそうになっている人も多いでしょう」(11p)として本編が始まっています。しかしその後は、一生の間に地震などの自然災害に襲われ、悲しみや痛みを人は経験することがある(89p)、震災後の「頑張ろう!」というムードは突き詰めると苦しくなる(95p)、といった記述があるのみに留まっています。また、現在の世の中についても、「現在のような閉塞感が漂う状況」(65p)、「今、世界が大きく動いています」(140p)という以上に具体的な説明はありません。つまり、震災を含めた社会的状況に触れてはいるのですが、前置きや数か所程度での言及に留まっており、それらが本田さんの議論の核にあるわけではないのです。

より直接的に震災後の生き方について考えようとする自己啓発書もあります。正現寺住職・小池龍之介さんの『3.11後の世界の心の守り方 「非現実」から「現実」へ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2011)がその例です。同書は、震災後の「精神的動揺」(3p)や「悲しみ、衝撃、混乱、不安、怒り」(4p)から、「脱出すべく心を護る方法」(4p)について説こうとする著作です。

----------

『3.11後の世界の心の守り方 「非現実」から「現実」へ』
 小池龍之介/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2011年

----------

同書では、本文118ページのうち、震災に関する文言(震災、原発事故、被災、大地震、復興、3.11、津波など)が延べ28ページに登場します。他の「心」系ベストセラーにおいてこれは破格に多く、小池さんが震災の問題に真っ向から取り組まれていることがわかります。

しかしそれでも、小池さんが説く「心を護る方法」、つまり主張の核となる部分は、それ以前の著作と原理的には同様です。小池さんの主張の中核にあるのは、執着を手放すという態度の体得だといえます。具体的には、人によりよく見られたい、自分を分かってほしい、相手を思い通りにしたい、別れた恋人に未練がある、思い通りに生きたい、あれが欲しいこれが欲しい、等々といった執着を手放すことを小池さんは説きます。

このとき小池さんは、「ドーパミンの中毒症状」(『ブッダにならう苦しまない練習』78p)、「幻想」(129p)、「錯覚」(130p)、「妄想」(160p)、「心の乱れ」(178p)、「脳の幻覚」(190p)など、実にさまざまな表現を用いて、種々の執着は余計な、偽りのものに過ぎないと退けていきます。こうして「心の重荷」(147p)を一つ一つ降ろし、ものごとに必要以上にこだわらない態度を体得しようというのが小池さんの基本的な主張です。

『3.11後の世界の心の守り方』でもこうした方法論は同様です。たとえば「『災害に遭うという事実そのもの』と『それを頭のなかで嘆かわしいものとして情報加工すること』」(13p)を区別し、後者の情報加工をストップすることで「心の二次被害」(17p)を防ごうとする手法は、上述した必要以上のこだわりを捨てようとする主張にもとづくものといえます。この書籍の副題で、メインテーマでもある「『非現実』から『現実』へ」という表現も、「<現実=起きてしまったこと>と<非現実=私たちの脳内反応>とを区別する」(21p)と説明がなされているように、同様の主張にもとづくものです。このように小池さんにおいても、震災前後でその主張の基本線は変わることがないのです。

ここで私が強調したいのは、震災後にそのことに必ず触れねばならないということでも、その論じ方に問題があるといったことでもありません。そうではなく、震災という非常に大きな出来事を経ても、「生き方論の結晶物」たる自己啓発書の内容にそれがまったく入り込まない、もしくは入り込んだとしても、自己啓発書のありようを根本から塗りかえるような劇的な影響を観察できない ということです。

ここまでの話は、「心」に関するベストセラーについての、この原稿を書いている2012年7月時点での観察結果です。そのため、他のタイプの自己啓発書では傾向が異なるのかもしれませんし、今後状況は変わってくるのかもしれません。しかし多かれ少なかれ、自己啓発書のトレンドには、社会一般の動向とは幾分異なる、独自のダイナミズムがあると考えられるのです。

さて、次回は具体的に近年の「心」系ベストセラーから見えてくる現代社会について考えてみたいと思います。タイトルは「『心』系の本はなぜ単純な構造になるのか」です。

(牧野 智和=文)