楽天銀行、バーコード読み取り型「モバイルレジ」のスマートフォン対応を開始

写真拡大

楽天銀行は10日、NTTデータが提供する携帯電話によるバーコード読み取り型決済サービス「モバイルレジ(※)」のスマートフォン対応を開始した。

これまではフィーチャーフォンのみ対応していたが、今後はフィーチャーフォン・Android OSのスマートフォン・iPhoneのモバイル端末において「モバイルレジ」を利用した同行口座からの支払いが可能となる。

また、同行の楽天会員向け優遇プログラム「ハッピープログラム」にエントリーしていれば、楽天スーパーポイントを獲得できる。

同行は多くの人の生活口座として利用できるよう、公共料金などの口座振替提携先の拡大やペイジーによる地方税の納税の取り扱いも行っている。

同行は今後も、顧客にとって利便性の高いサービスの提供を続けていくとしている。