『ピングベア』は『輪るピングドラム』と関連がある作品なのか? サイトの情報ソースに証拠を発見

写真拡大

2011年にもっともシビれるテレビアニメ―ションとして放映された『輪るピングドラム』(幾原邦彦監督作品)。深夜に放送されていながら多くの視聴者を魅了していき、あらゆるメディア展開がされていった作品である。

放送が終了して半年以上経つが、いまだに余韻に浸っているファンは多いはずだ。そして突如として出現した謎のサイト『ピングベアプロジェクト』。そこには熊らしき画像とともに「その透明な嵐に混じらず、見つけ出すんだ」という一文が書かれている。

その名称も熊の雰囲気も、『輪るピングドラム』と酷似している。どう考えても『輪るピングドラム』と関連した作品(イベント? 展開?)だと思ってしまうが、明確に『輪るピングドラム』と関連していることがコメントされていない。もしかすると、雰囲気だけ似ている無関係の作品かもしれない。

だが、サイトのソースを開いてみると、そこにはハッツキリと「幾原邦彦」「輪るピングドラム」と書かれている。これは少なくとも『輪るピングドラム』と関連した作品であることを意味しているのではないだろうか? ただ単に、幾原監督のファンがサイトを見つけやすいようにキーワードを入れているだけかもしれないが……。

ムムムム!! これは気になる!! 気になりすぎて眠れない!! とにかく、少しでも早く、少しの情報でもいいので、こっそりと少しだけヒントを教えてほしいものだ。どうでしょう!! 幾原監督!?
 
参照元: PENGIUNBEAR Project(ピングベア プロジェクト)
関連記事: ピングドラム続編!? 謎の『ピングベア プロジェクト』が始動!


画像をもっと見る