●紅蓮の烽火

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©IF・DF/「薄桜鬼 黎明録」製作委員会

2012年7月期アニメ「薄桜鬼 黎明録」が放送されています。

<キャスト>
井吹龍之介:関智一
土方歳三:三木眞一郎
沖田総司:森久保祥太郎
斎藤 一:鳥海浩輔
藤堂平助:吉野裕行
原田左之助:遊佐浩二
近藤勇:大川透
芹沢鴨:中田譲治
小鈴:西野陽子
お梅:篠宮沙弥

●ストーリー
文久三年二月、浪人に襲われ行き倒れていた井吹龍之介は、壬生浪士組として上洛の途中であった芹沢鴨に拾われます。

武士を目指し、志を同じくする者が集う浪士組。近藤とともに名を上げるべく尽力する土方歳三と、組のために動きながらも傍若無人な振る舞いをみせる芹沢鴨…

「武士」という在り方を軸に対立する二人を見ながら、「武士」を嫌う龍之介もまた自らの生き方に疑問を抱きます。

後に「新選組」と呼ばれることとなる男たちの“覚悟”の物語。
●相撲興行大成功の裏では…
かねてより浪士組の資金の柱として企画されていた相撲興行が開催されます。それ自体は大成功したのですが…。

ところがその裏で芹沢鴨が証拠不十分なのに商人の屋敷と店舗に火を放ってしまいます。確かにその商人は異国との貿易で不当に得た富を不逞浪士に回していた疑いはあったようですが…。

※一応、芹沢鴨の主張は事実ではあったのですが、やっている事は単なる放火なので正当化出来る内容ではありません。
●お梅、芹沢鴨を頼る!
住んでいた屋敷を追い出されたお梅、他に行くところも無く芹沢鴨を頼る事になります。妙齢な金髪美人の彼女、結局嫌っていた芹沢鴨を頼るしかないというのは皮肉なものです。
●芹沢鴨の病
芹沢鴨はいつもの通り、料亭で舞妓に酌をさせながら大酒をあおります。しかしながら今日の芹沢鴨は何かがおかしいです。

目眩、一時的な記憶喪失、それは一見すると大した事ではないようですが医学的には末期的な状態のようです。

井吹龍之介もその異常事態には薄々感じるものがあるようですが…。
●会津藩から「新撰組」の名前を認められる!
会津藩に仕える身分の(壬生)浪士組、しかし彼等は無名ゆえ門番に門前払いにされます。そこを纏めたのが芹沢鴨。彼の一喝によって会津藩はまともな対応をするようになります。

その件もあり、壬生浪士組は会津藩から「新撰組」の隊名を頂きます。これによって壬生浪士組は正式な部隊として認められた事となりますが…。

※ちなみに芹沢鴨はお梅の酌を受けながら…。

一方、変若水(おちみず)の禁断症状を止める方法が無く、極めて危険な状態で監禁される羅刹達。これからどうなるのでしょうか?

「薄桜鬼 黎明録」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「薄桜鬼 黎明録」第9話「芹沢鴨、舞妓に対する横暴」(ネタばれ注意)
【アニメ】「薄桜鬼 黎明録」第8話「芹沢鴨という男」(ネタばれ注意)
【アニメ】「薄桜鬼 黎明録」第7話「落水の化け物狩り」(ネタばれ注意)
【アニメ】「薄桜鬼 黎明録」第6話「落水」(ネタばれ注意)
【アニメ】「薄桜鬼 黎明録」第5話「きんさくまいこなもはんじあいでたいふく」(ネタばれ注意)
▼外部リンク
アニメ乙女部「薄桜鬼 黎明録」AT-X公式Webサイト