ローソンの新『からあげくん 新潟カレー味』は食欲を増幅させることに成功している

写真拡大

ローソンの『からあげくん』といえば、レジの横の定番ホット商品である。とても美味しいのでついつい買ってしまうのだが、正直に言ってしまうと、レギュラー味、レッド(辛口)味、チーズ味以外のテイストはどれも強い特徴がなく、『からあげくん』マニアとしてはヒジョーに悲しかった(美味しいのは美味しいのだけどね)。

だが、今回新しくローソンが発売した『からあげくん 新潟カレー味』は定番のカレーの味ではあるものの、今までの期間限定『からあげくん』にはなかった何かを感じたのである。これは何なんだ? 定番のカレー味なのに何かを感じる。なんだ、なんだ、なんだ!

『からあげくん』の鶏肉と衣には、からあげとしてもウマミが濃縮されており、それだけで食欲がわいてくる。だからこそ、食べる手が止まらないのである。ローソンはそこに新たな「味」をプラスして、あらゆるテイストの『からあげくん』を作っている。

その「味」に求められるのものは、テイストのバリエーションを増やすという点だけではない。『からあげくん』をより食欲が増す料理にするということが求められるのだ。レギュラー、レッド、チーズではそれに成功しているが、期間限定で販売される『からあげくん』は「より食欲を増幅させる」という点において、定番の『からあげくん』より劣っていると感じていた。

だが、『からあげくん 新潟カレー味』は定番のカレーの風味をしていながら、食欲を増幅させることに成功しているのである。ではどうして『からあげくん 新潟カレー味』は美味しくて食欲が増すのか? 以下の3つのポイントがあると思われる。
 
・3つのポイント
1. カレー自体に食欲を増す効果があるから
2. カレーのウマミだけを生かしてスパイシーな部分を抑えているから
3. カレーがよい意味で「上品すぎるから」
 
特に「カレーのウマミだけを生かしてスパイシーな部分を抑えている」は重要なポイントだ。カレー風味だからと辛口にはせず香辛料の持つウマミだけを出し、そしてテイストの主役を鶏肉に譲っているのである。

上品なカレールーを使用してカレー味を強く主張しないことで鶏肉の美味しさを裏方として支えている。味付けというよりも「ウマミ付け」。鶏肉のウマミとカレーのウマミで『からあげくん』を完成させているわけだ。塩分や辛さでゴリ押しするコンビニ料理は多々あるが、そんな雑な部分はいっさい感じない。

『からあげくん 新潟カレー味』はそのまま食べても美味しいが、おにぎりと一緒に食べるといっそう美味。コンビニおにぎりは「ふっくらとしていながらやや米粒が硬い」のが特徴だが、その米粒に絶妙にマッチするのだ。

え? コンヒニの料理でそこまで深く考えて食べたことなんてないって? 確かにそうかもしれない。美味しければそれが正解。いろいろな能書きや説明なんて不要かもしれない。とにかく食べてみて欲しい。普通に美味しいと感じるだろう。だが、その普通が「定番」として楽しめる味かどうかが重要なのだ。そういう味だけが、1年も10年も残っていくのだから。
 
Correspondent: Kuzo


画像をもっと見る