産地限定・収穫年限定の果汁を使用「山形のさくらんぼ2012」新発売

写真拡大

エキナカを中心とする自動販売機事業などを行っている、JR東日本ウォータービジネスは9月11日、山形県の飲料メーカーである山形食品と共同開発した、果汁飲料「山形のさくらんぼ2012」を発売した。

価格は140円。

同商品は、2012年に収穫された山形県産のさくらんぼにこだわった、産地限定・収穫年限定の果汁を使用。

果汁は8%で、佐藤錦などの品種をブレンドしている。

また、エキナカでの持ち歩き・飲みきりニーズに適した、280mlのミニペットボトルを採用。

JR東日本のエキナカ飲料自販機acure〈アキュア〉、JR東日本管内のNEWDAYS、キオスク売店、山形新幹線ほか車内販売、同社オンラインショップで、12月末までの期間限定で販売されるとのこと。

なお、同社では、JR東日本グループが推進する地域活性化の一環として、同商品の販売促進と連動した山形県産商品のPRを実施する。