書道家・武田双雲プロデュースの筆ぺん「双筆(そうひつ)」新発売

写真拡大

筆記具全般のメーカーであるプラチナ万年筆は、書道家の武田双雲氏と共同開発した、筆ぺん初心者でも楽に筆文字が書ける筆ぺん「双筆(そうひつ)」3製品を、9月21日から発売する。

同製品は、穂先の先端だけが柔らかく、後ろ部分はしっかりとしているためにコシがあり、筆のタッチを感じながら、しっかりとトメ、ハネ、ハライが表現できるようになっている。

また、墨にあたるインクの量も、この穂先の中央部が最も多く、周囲に行くにしたがって少なめになるように設計。

ハライのしなやかな筆跡が書けるようになり、特にハライに見られる筆独特の「適度なカスレ」を創ることができるようになったという。

さらに墨には、耐水性に優れ、水にぬれてもにじまないように、香り付きの顔料カーボンインクを使用。

ポケットサイズのクリップ付き「双雲モデル携帯タイプ」(210円)、毛筆をイメージした軸色で筆記が安定する長めのサイズ「双雲モデルシングルタイプ」(262円)、慶事・仏事の定番となる、墨色と薄墨の仕様で長文も書きやすい「双雲モデル慶弔両頭タイプ」(315円)の3製品が発売される。

なお、同社では、発売記念キャンペーンとして、第2回「手紙を出そう」コンテストを9月からスタート。

詳細は、同コンテストWEBサイトを参照のこと。