復興を象徴する人物ナンバーワンはあのコンビ!

写真拡大

WEB上で保険の管理が無料でできる「保険帳」を運営するエクスファンディアは、同サイトにて「東日本大震災の復興のシンボル(象徴)となる人物とは?」というアンケートを実施。

22歳から60歳までの男女672名の回答を集計した。

調査期間は4月26日から9月3日。

総合第1位となったのは、お笑いコンビの「サンドウィッチマン」。

男女別でも共に1位、30代でも1位を獲得した。

被災地の宮城県仙台市出身であり、気仙沼での震災実体験と「東北魂」の合言葉で、募金や復興イベントにて活躍。

地元大学生と東北の復興を考えるテレビ番組の司会も務める等、現在も多方面にわたり、復興支援をサポートしている。

第2位はお笑い芸人の「江頭2:50」。

20代で1位、30代では2位。

男性では3位だが、女性では2位を獲得した。

福島第一原発の放射能漏れ事故により、物資の運搬を拒否するドライバーが多くなっていた震災後間もない時期に、自らハンドルを握り2トントラックで福島県いわき市に自費で購入した救援物資を届けている。

第3位はシンガー・ソングライターの「長渕剛」。

40代で1位、男性2位、女性4位と幅広く票を獲得した。

震災直後、被災地宮城県を訪れ、避難所や復旧作業にあたる自衛隊基地を慰問。

また、昨年の紅白歌合戦では、石巻市から中継出演し、復興応援ソング「ひとつ」を歌唱した。

現在も、自身がMCを務める被災地向けのラジオ番組等を通じ、脱原発を訴えている。

以下、4位にSMAP、5位に西田敏行が続いた。

政界からは、「枝野幸男」(当時内閣官房長官)が「渡辺謙」(俳優)と並んで総合15位タイで最高。

「野田首相」は、「なでしこジャパン」(日本代表女子サッカーチーム)と並んで20位タイという結果だった。

当時の首相「菅直人」は、「ベッキー」(タレント)と並んで22位タイとなっている。

なお、今回のアンケートは、選択式ではなく自由回答形式。

思い浮かぶ人物名の記入を求めたが、「思い浮かばない」、「そんな人はいない」等の回答が全体の31.7%を占めた。