コンビ二で使うカードはTカード、人気はセブンイレブン - マーシュ調査

写真拡大

ネットリサーチを行うマーシュは7日、コンビニエンスストアで利用するカードに関するアンケート調査結果を発表した。

このアンケートは、関東圏に住む20〜69歳の男女のなかから、コンビニエンスストアで「nanacoカード」「Pontaカード」「Tカード」のいずれかを買い物時に利用する人を対象に行われたインターネット調査。

8月27日〜29日に開催され、500名の回答を分析した。

「普段持ち歩いているカード(現金の引き出し機能や決算機能が付いたもの)の枚数」は、全世代平均で5.31枚。

もっとも多くカードを持ち歩いているのは50代で、平均6.31枚だった。

「コンビニエンスストアで買い物をする時に提示する/使うカード」は、「Tカード」がもっとも多く77.0%。

次いで「Pontaカード」(45.6%)、「nanacoカード」(28.6%)だった。

また、カードを持っているのに利用しないという人も、それぞれ約2割に上った。

「よく利用するコンビニエンスストア」では、「セブンイレブン」の85.2%がトップ。

以下「ファミリーマート」(81.2%)、「ローソン」(75.6%)と続いた。

4位の「サークルKサンクス」以降はいずれも3割未満だった。

また年代別では、20代の「ファミリーマート」「ローソンストア100」、30代の「ミニストップ」が高い数値を示した。

同調査の詳しい内容は、「コンビニで利用するカードに関するアンケート」のページで閲覧できる。