全国のそば処が大集合! 福島県で「がんばっぺ! 福島そばまつり」開催

写真拡大

福島県いわき市で、復興支援第18回日本そば博覧会inいわき「がんばっぺ! 福島そばまつり」が開催される。

イベントの趣旨は、東日本大震災による風評被害の払拭と伝統的な食である「そば」により観光客の誘致と交流を広げようというもの。

開催日時は10月6日(土)、7日(日)、8日(月・祝日)の3日間、10:00〜15:30まで。

開催場所はいわき市小名浜のアクアマリンパーク。

イベントは「日本全国そば食べくらべ」と題して、日本各地のそば処から「そばブース」が出店されるほか、そば関連の道具やそば粉の販売も行われる。

出店は下記の通り(予定)。

北海道「幌加内そば活性化協議会」、「北海道そば研究会」 山形県「ふるさと寒河江そば工房」 茨城県「江戸流手打ち蕎麦鵜合之衆」 栃木県「栃木のうまい蕎麦を食べる会」 埼玉県「ばんどう蕎麦打ち連合会」 東京都「NPO法人江戸流手打ちそば二・八の会」 新潟県「新発田市」 福井県「ふくいそば打ち愛好会」 福島県「会津山都そば協会」、「あぶくま高原そば」、「安積そば同好会」 その他、日韓そば交流として、韓国からの出店も予定されている。

物産ブースは福島県から「大千里石材店」、「木こりの広場」、「有限会社中村豊蔵商店」が出店の予定。

6日(土)、7日(日)には小名浜公民館ホールで「全麺協認定素人そば打ち四段位認定大会」が開催。

全国からそば打ちが集まり、四段位の取得を目指して技を競う。

さらに「いわき小名浜みなとフェスティバル」が同時開催される。

イベント内容は、日本中のみなとまちの”うまいもの”が味わえる「みなとオアシスSea級グルメ全国大会」や、「太平洋諸国舞踊祭」、「いわき大物産展」などだ。