島根県の城下町松江で、堀川沿いを400個の行灯が照らす「松江水燈路」開催

写真拡大

島根県松江市の松江城周辺をライトアップし、夜の城下町を演出する「松江水燈路」が開催される。

監修は照明デザイナーの内原智史氏。

開催日は9月15日(土)〜10月14日(日)までの毎週土日祝日、12日間の開催となる。

時間は18:30〜21:00まで。

イベント開催に合わせ、JR松江駅南口および松江しんじ湖温泉、玉造温泉から会場まで無料シャトルバスが運行される。

イベントでは、松江城から大手前駐車場、松江歴史館、武家屋敷、小泉八雲記念館、松江堀川地ビール館、松江堀川ふれあい広場にいたる堀川沿いの道を約400個もの行灯が照らして幻想的な雰囲気を演出する。

そのほか、鎮守の森をライトアップしながら堀川を移動する「光船」、大手前駐車場では「水燈路宵屋台」、二の丸上の段では市民の手作り行灯が松江城を背景に並ぶ「手作り行灯展」が行われる。

「手作り行灯展」に展示される行灯は、「松江らしさ」と「灯りをつけたときの美しさ」をテーマとした手作り行灯コンテストに出品されたもの。

さらにコンテストの表彰式も行われる。

「松江水燈路」の開催時期は、会場周辺の観光施設も開館時間を延長する。

延長するのは松江城、武家屋敷、小泉八雲記念館、松江歴史館、松江堀川地ビール館の各施設。

さらに堀川遊覧船が夜間運行され、あんどんに照らされた松江の町を水上から楽しむことが出来る。

遊覧コースは大手前船乗場からふれあい広場乗船場までの片道。

料金は大人500円、小学生以下250円、貸し切りの場合は事前予約が必要で一隻7,000円となる。

松江城は別名千鳥城とも呼ばれ、関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏が築城したもの。

その後、京極氏、松平氏と城主が移り幕末を迎える。

明治時代に入り施行した廃城令の中、松江城は取り壊しを免れ天守閣が現存している。

山陰地方の現存例としては唯一のもので、国の重要文化財に指定されている貴重な建造物だ。