月の名所、高知県桂浜の観月会は、デジタル掛け軸でいつもと違う桂浜を演出

写真拡大

9月29日(土)と30日(日)の2日間、「月の名所」として全国的に知られている高知県桂浜公園で、仲秋の名月を龍馬とともに眺めるイベント「桂浜観月会」が開催される。

今年は”灯り咲く、月夜の浜とデジタル絵巻”をテーマに、「デジタル掛け軸(D-K Live)」と土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)作家による灯火などで、いつもとは違った月の名所・桂浜を演出する。

29日にはオープニングセレモニーを行い、18時00分〜18時30分、オープニングアクトに日本でも数少ない実力派のスティールパンユニット「COSMO'S」を迎えてのライブ演奏。

「COSMO'S」は、スティールパンバンド「SUPER HAPPY BROTHERS」の馬詰氏と、アンビエンスバンド「SPIRITUAL BOOSTER」の田村氏のツーピースユニット。

カリブの楽器スティールパンの音色とアンビエント(環境音楽)と表現される電子音楽が桂浜の自然と絶妙に融合し、会場を緩やかに盛り上げる。

30日の演奏は19時30分〜20時00分。

桂浜の龍王岬では、今年の「桂浜観月会」のハイライトの一つである、世界的なデジタルアーティストの長谷川章氏よる「デジタル掛け軸」。

100万枚のデジタル映像をランダムに組み合わせ、プロジェクターで雄大な自然に映写して幻想的な空間を作り上げるの空間照明アートで、今回は龍王岬をライトアップし、昼間の姿とは一変させる。

公開時間は29日、30日ともに、18時00分〜21時00分。

そして、月夜の桂浜を中心に桂浜公園を彩る、土佐典具帖紙アート「hamadawashi」によるアート照明”waka”と”CUBE”。

「hamadawashi」は、人間国宝に指定された手すき和紙職人、祖父浜田幸雄氏の後継者、四代目浜田洋直氏と、弟・治氏による土佐典具帖紙アートのブランド。

ちなみに土佐典具帖紙は「カゲロウの羽」とも表現され、厚さ0.03ミリと世界一薄くて強い手漉き和紙(国の重要無形文化財)だ。

公開時間は29日、30日ともに、18時00分〜21時00分。