韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国として8年連続で自殺率がもっとも高い国となった。2010年の自殺者数は10年前の141%増となる1万5566人に達し、1日あたりの自殺者は43人となった。中国メディアの観察者網が10日付で報じた。

 韓国の自殺率の高さは経済問題と密接なかかわりがある。韓国では高齢者の自殺が増えているが、65歳以上の高齢者の貧困率は48.5%であり、これはOECD加盟国平均より3.4倍も高い水準だ。

 また、女性の自殺者の割合はOECD加盟国の平均の4倍に達しているが、記事は、「韓国社会に見られる性犯罪が女性の自殺が高い原因だ」と指摘、女性の自殺者の高さは韓国社会にまん延している性犯罪の多さを反映していると指摘した。

 ノ・ムヒョン前大統領、俳優パク・ヨンハ、女優チェ・ジンシルなど、著名人の自殺が韓国の人びとに影響を与えている可能性も排除できない。自殺の増加は韓国社会に見られる根深い問題を示すものだが、韓国政府は自殺問題にさほど関心を向けていない。日本は自殺防止に約207億円の予算を割いているが、韓国は20億ウォン(約1億3867万円)にすぎない。(編集担当:及川源十郎)