相撲の話題というもの、「朝ズバッ!」では良くも悪くもめっきり減った。うっかりすると本場所が開催中なこともまるで忘れられそうなくらいだが、そんななかでけさ11日(2012年9月)、相撲がらみのちょっとしたリポートに時間が割かれた。

「武術必修化」で東京女学館中学校は相撲選択!実技の前にお勉強

カメラが映し出したのは国技館上部のガラガラの席だった。そこに意外な集団女性客が陣取っていたのだ。東京の私立・東京女学館中学校の生徒たちだという。なんと、いつの間にやら相撲が女子中学生に人気になっていたのだろうか!?

じつはこの学校では、あのナツカしの「美しい国」づくりの一策として導入された「武道必修化」に伴い、相撲を必修としたそうな。そこで相撲の実技の実施に先立ち、授業の一環でみんなで大相撲を観戦に訪れたのだという。

生徒からは「日本の伝統とかを知ることができてよいと思います」「国技だから、みんなが注目してる競技を目で見ることができて、よい経験になりました」など、取り組み後の相撲取りがごとき、ウツクしいコメントが聞かれていた。