ここ2回堅い話題が続いたので、今回は少し柔らかいお話にいたしましょう。

1989年ロンドンのウェストエンドを皮切りに、1991年にはニューヨークのブロードウェイで上演されたミュージカル『ミス・サイゴン』。

日本には1992年になって東京の帝国劇場で上演されることになりましたが、今年からまた再演が始まっています。

今となっては20年も前の話になりますが、当時はバブルの名残もあって、広告料もまだまだたっぷり計上できたのでしょう。

誌面、電車の中、東京中のあちらこちらで上演を知らせるポスターを見かけたものです。

そうなると、俄然観たくなるというのが人間の心理。

そんな時に知り合いからチケットを譲り受けたのが最初の観劇でした。

時はベトナム戦争までさかのぼりますが、頬の肉がげっそりとこけ、疲労の色が隠せない一人のベトナム人女性。

顔をしわくちゃにして泣きながら自分の娘を父親(米軍兵)の待つ米国へと送り出す。

ベトナムのタン・ソン・ナット空軍基地での母と子の別れ際の様子が、一枚のモノクロの写真に残されています。

この写真に作詞家の一人が触発され、作られたのが「ミス・サイゴン」でした。

母子は二度と会えないのだろう、という悲劇。

それでも娘に米国でのよりよい生活をと望む母は送り出す決意をする、その思いは劇中の挿入歌である「命をあげよう」に現れています。

『あげよう私に無いもの、大人になって掴(つか)む世界…』と歌い切ったのは、今は亡き本田美奈子さんでした。

アイドルのイメージが払しょくされていなかった彼女が母親役のキムにキャスティングされた時は誰もが意外と思ったはずです。

しかし、実際に彼女の歌声、立ち居振る舞いを見て納得。

細身ながらも浪々と歌う様子は、当時のベトナム人の方々の置かれた窮乏と母の強さとを見事に演じていました。

劇中に実物大のヘリコプターが登場するスケール感、あるいは帝国劇場100年の歴史上でも異例のロングランなどでも話題になりましたが、私自身が魅かれたのは小学生の頃に買ってもらった『ベトナムのダーちゃん』という本の影響だったのかもしれません。

今となってはその内容すら、ベトナム戦争に翻弄された一人の少女の話ぐらいにしか覚えていないのですが、この本に出会って以降、特に庶民の目線で描かれた戦争文学にのめり込んでいった我が身の読書歴を考えると、一方ならぬインパクトがあったのだと思われます。

そういった伏線もあってか、そして本田さんを始め、演者の皆さんの歌声に魅かれて、このミュージカルに何度となく足を運びました。

今回の公演で当時と同じ配役なのは市村正親さんだけのようです。

彼が演じるエンジニアはひたすら「アメリカン・ドリーム」を追い求めるベトナム人という役どころです。

軽佻浮薄(けいちょうふはく)で打算的、それでも憎めない存在となっているのは、その明るい無節操さも、風見鶏であることも、長らく戦時下となったベトナムの困窮から、底辺で生きる人たちが抜け出すためには必要だったはずと、観る者を納得させるからでしょう。

上り詰めてみせるというハングリー精神も、そこまでやれば「あっぱれ」と言わざるをえない。

決して褒められたものではないのですが、強靭なまで信条が高い理想のように思えるのですから不思議なものです。

そして役者の力量は恐るべしです。

こうした難しい役回りの多いミュージカルであるがゆえに、本場のロンドンやニューヨークではいったいどんな役者の方がどのような演技をされるのかと興味が沸きました。

「ミス・サイゴン」の国際比較には足掛け数年を費やしましたが、ロンドンのドリューリーレーン劇場にも、ブロードウェイ・シアターにも行って参りました。