(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●献帝の遺言
曹丕により皇帝の地位を奪われた献帝は重傷を負い、神々・竜々によって辛うじて一命を取り留めます。そこで献帝は紙と筆、食糧と伏皇后の形見の簪を交換する事を神々・竜々に依頼します。

これは献帝の遺言であり、漢王朝を継ぐ者として劉備に託さんとするものです。
●献帝の死
紙と筆を手に入れた献帝は自らの血文字による遺言状を書きます。遺言状を書きあげた献帝は神々・竜々へ劉備まで持参するよう託し、そのまま自害します。

その場に居合わせた許褚は曹丕へ報告するも、献帝の遺言状は見付からず。その遺言状は劉備が正統な漢王朝の後継者である事を示すものとなります。
●劉備、張飛から皇帝に推挙される!
張飛は孔明からの依頼によって劉備を皇帝とするべく推挙します。しかしながら、劉備は皇帝となる事が献帝を蔑ろにする事だと考えて固辞します。

一方、献帝の遺言状を携えた神々・竜々は許褚からの追撃を逃れようとした際、たまたま居合わせた張飛により難を逃れます。

そして張飛は献帝からの遺言状を劉備へと手渡します。それによって劉備は献帝の遺志を知るところとなり、皇帝の地位となることを決めます。
●魏を討つか、呉を討つか
皇帝となった劉備は魏を討つか又は呉を討つかを決める軍議を行います。関羽の仇は呉、しかし皇帝の簒奪をした罪で大義名分があるのは魏の討伐、劉備も私情を捨てて魏の討伐を決定します。
●張飛の死
張飛は独断で呉への進軍を行います。そこで張飛は部下の張達・范彊に白装束を3日間で揃えるよう指示しますが、それが無茶だと断るも張飛は張達・范彊を折檻します。

結果的に張飛は張達・范彊に恨みを買い、毒矢による不意打ちにより絶命する事となります。

張飛は関羽の弔いも果たせず、そして桃園の義兄弟3人は劉備のみとなってしまいます。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第60話「曹操の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第59話「関羽の亡霊」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第58話「関羽死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第57話「暗雲 荊州城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第56話「関羽の涙」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト