シダックス、地域交流イベント「ゴールデンエイジ・カラオケの集い」を開催

写真拡大

シダックスグループのレストランカラオケ事業子会社であるシダックス・コミュニティーは、9月17日から順次、全国のレストランカラオケにおいて、ゴールデンエイジ(60歳以上の客)や障がい者を対象とした地域交流イベント「ゴールデンエイジ・カラオケの集い」を開催する。

同イベントは、敬老の日にちなんだ高齢者の交流イベントで、2002年から開催し、今回で11年目となる。

地域の高齢者カラオケサークルのメンバーをはじめ、福祉支援などのボランティア活動を行うNPO法人トレフルクラブを通じて、障がい者を無料で招待。

また、一般の団体や個人からの応募も受け付け、全国で約8,000名に利用してもらうという。

カラオケはもちろん、ランチメニューやパーティーコースなどの食事とソフトドリンクも無料で提供される。

開催期間は9月17日から23日(午前11時30分から午後2時30分頃まで)。

店舗ごとに順次開催し、1店舗あたり1回から2回の開催を予定している。

開催場所は、全国のレストランカラオケ・シダックス297店舗のパーティールーム(六本木、ゴールド宗右衛門町、那覇松山を除く)。

定員は各店舗約30名で、実施店舗に設置されている専用チラシから申し込みができる。

応募締め切りは9月16日(定員になり次第終了)。