まるで書斎のような空間。東京都渋谷区表参道にスタバ初の期間限定ショップ

写真拡大

「スターバックス コーヒー ジャパン」は、スターバックス初のポップアップストア「Starbucks Espresso Journey(スターバックス エスプレッソ ジャーニー)」を、9月9日(日)から30日(日)までの期間限定で表参道にオープンさせる。

「Starbucks Espresso Journey」は、「スターバックス ラテ」や「キャラメル マキアート」などに代表されるエスプレッソドリンクへのこだわりや世界観を表現したスペースを通して、最高のエスプレッソ体験を提供しようと作られた空間だ。

今回、空間プロデュースを佐藤オオキ氏(nendo代表)に依頼。

テーマはライブラリーだ。

同氏は、東京とミラノに拠点を持ち、建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと幅広く活動を行っている。

代表作品は、ニューヨーク近代美術館(米)、ポンピドゥーセンター(仏)など、世界の主要美術館に収蔵されている。

2006年にはNewsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた世界的クリエーターだ。

同ストアについて、佐藤オオキ氏は、「知っているようで意外と知らないスターバックスのエスプレッソドリンクの魅力を体験する場所として、『書斎』のような空間をデザインしました」「ゆっくりと一冊の本を選ぶように、一杯のエスプレッソドリンクを選び、静かに物語の世界に入り込むような感覚で、エスプレッソドリンクを堪能する。

まるで自分にとって大切な一冊の本のように、自分だけの大切な一杯と出会う場所となることを願っています」と述べている。

さらに、ドリンクは定番エスプレッソドリンク7種類に加えて、「ダブル ショート クラシック ラテ」「ダブル ショート クラシック カプチーノ」の限定ドリンクが楽しめる。

ペーパーカップは、ヒップホップミュージシャン、DJ、音楽プロデューサー、ファッション・デザイナーと、多彩な藤原ヒロシ氏のデザインによるもの。

また本格的なエスプレッソマシンを使い、しかもスターバックスのエプロンを着用して、スターバックス ラテを作るバリスタ体験コーナーや、新商品のフレーバーコーヒータイプの「スターバックス ヴィア®」 3種のテイスティングコーナーもある。

そのほか、キャンバストート(ネイビー、グレー、ブラウン)3,000円(各色25個限定/日)、マグ1,500円(150個限定/日)と、同ストアだけでしか手に入れることができないオリジナルグッズも販売される。

なお、全ドリンク一律1杯500円(税込み)、ショートサイズ、ホットのみの販売で、ブックカバー(クリエイトユアタンブラー台紙として使用可)フィナンシェ付き。

営業時間は、平日11時00分〜18時00分、土日祝10時00分〜19時00分。

9月9日(日)は13時00分より営業、9月13日(木)と9月22日(土)は14時00分までの営業。