2つの戦略で資産運用強化、新ファンド「ツーピース・セレクト」18日〜募集

写真拡大

日興アセットマネジメント(以下、日興アセット)はこのほど、追加型投信「ツーピース・セレクト(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジなし)」を10月9日に設定、運用を開始すると発表した。

募集はみずほ証券にて、18日から行なう。

同ファンドは、「マネージド・フューチャーズ戦略」と「グローバル・マクロ戦略」で運用される2つの投資信託証券に投資し、特定の市場に左右されることなく、安定した収益の確保と中長期的な信託財産の成長をめざす新ファンド。

「マネージド・フューチャーズ戦略」と「グローバル・マクロ戦略」は、これまで何度も危機を乗り越え、安定したパフォーマンスをあげてきたという。

また、「同期間における2つの戦略の値動きは、先進国株式や商品と比べて小さかったことが確認されている」(同社)。

各投資信託証券への基本投資配分は50%程度ずつに設定。

「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2コースを用意し、両コース間でスイッチングを行なうことができる。

なお、為替ヘッジは、投資対象とする投資信託証券において米ドルと円の間で実施する。

基準価額は、当該投資信託証券に含まれる米ドル建て以外の資産における、当該資産の通貨と米ドル間の為替変動の影響を受ける。

また、為替ヘッジを行なうことで、為替ヘッジコストがかかる場合がある。

購入単位は、分配金受取りコース(口数指定)が1万口以上1口単位、同(金額指定)が1万円以上1円単位、分配金再投資コースが1万年以上1円単位。

購入価額は、当初申込期間中が1口当たり1円、継続申込期間中が購入申込受付日の翌営業日の基準価額となる。

換金単位は1口単位で、換金価格は換金申込受付日の翌営業日の基準価格となる。

換金代金は、原則として、換金申込受付日から起算して7営業日目から支払う。

申込期間は、当初申込期間が9月18日〜10月5日まで、継続申込期間が10月9日以降。

信託期間は、2022年7月15日まで(2012年10月9日設定)。

決算日は、毎年1月15日および7月15日。

同社は、「大きく変動する市場環境にも対応し、多様化するお客さまのニーズを的確に捉えた商品の開発・運用を通じて、投資家の資産形成に役立つ商品の提供に尽力していく」としている。