みずほフィナンシャルグループ会長
塚本隆史 
1950年、東京都生まれ。筑波大学付属駒場高校、京都大学法学部卒業。74年第一勧業銀行入行。82年ハーバード大学経営大学院経営学修士取得。2002年みずほコーポレート銀行(CB)執行役員、03年みずほフィナンシャルグループ(FG)常務、07年CB副頭取、08年FG副社長、09年社長。11年6月より現職。

写真拡大

私が大きな影響を受けた本として、渋沢栄一の『論語と算盤』と、梅棹忠夫の『文明の生態史観』の2冊を挙げたい。

前者は、2007年にサブプライムローン問題に端を発する金融危機が広がっていたときに、ふと思って再読した。すると、すっと腑に落ちるものがあった。おそらくこの本には、この10年の世界的な変革を乗り切るためのインプリケーション(含蓄)があふれているように思う。『論語と算盤』の著者である渋沢栄一は、日本ではじめて株式会社や銀行などをつくった実業家で、「日本資本主義の父」ともいわれている。同書は渋沢が、自らのビジネスでの体験をベースにしながら、論語の意義をわかりやすく説いたものをまとめた本で、当時、すでに76歳だった。内容を鑑みると、彼の生き方の集大成ともいえる。

この本が説くのは、「道徳経済合一説」という考え方だ。たとえば、『論語』には次のような言葉がある。

「邦に道あるに、貧しくして且つ賎しきは恥なり。邦に道なきに、富て且つ貴きは恥なり(国に秩序があるとき、貧しく卑しいことは恥である。道理のない無秩序な乱世で、富貴であることは恥である)」(泰伯第八)

渋沢はこうした『論語』の考え方は、商売と商人にも当てはまるものだと考えた。言い換えれば、論語(倫理)と算盤(利益)は相反するものではなく、それを一緒に実現することが、道理であり、我々はその道を踏み外してはならない、と考えた。

晩年にそのような考え方を世に問うたのは、彼自身の人生と密接に関係しているように思われる。渋沢は、日本史上を代表する経済人として、第一国立銀行(現みずほ銀行)など500社以上の設立に関わった。莫大な富を得る立場にあったが、財閥はつくらなかった。利益のほとんどを財団設立や寄付で社会に還元し、子孫にも資産は残さなかった。

また、江戸時代の士農工商の中では、「農・工・商」が経済を受け持ち、「士」だけが武道や学問に励み、知識や道徳をつかさどっていた。『論語と算盤』は、それらは車の両輪であると説き、武家階級が培ってきた知識と官僚的規律を、経済発展の中に取り込むことの重要性を見抜いていた。身分制度のくびきをとかれ、論語と算盤が合体したことで、日本経済にうねりが生まれ、飛躍的な成長を遂げた。実際、渋沢は商業教育にも力を入れていて、現在の一橋大学や東京経済大学、早稲田大学などの設立にも深く関わっている。

ときに歴史には、時代精神を背負った本というのが登場する。ドイツの社会学者、マックス・ウェーバーは主著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で、プロテスタントの禁欲主義が、西欧での資本主義の発達と産業革命の勃興を招いた背景であると論じている。この本は、西欧が自らの発展を説明するという役割を背負っていると思う。その点で、渋沢の『論語と算盤』も、著しい経済発展を迎える中で、日本人として市場経済にどう向き合うべきかという役割を背負っている。

この本をはじめて読んだのは、銀行員として歩み始めてまだ数年のころだったと思う。それから、最近に至るまで、「論語」と「算盤」のどちらを重んじるべきなのか、二者択一の構図が常に頭の中にあった。一連の金融危機を経て、本書を再読したことで、「どちらか」ではなく、「どちらも」を考えるべきなのだと、思い至るようになった。

相反する2つの考え方を合一させる第三の方法を模索することは、きわめて重要だ。昨今の金融において主役に躍り出た過度なる「金融資本主義」と経済社会の関係についても、その将来のあり方は同様な方向で新たな道を模索すべきだろう。

産業革命以後、世界経済は産業資本を中心として発展してきた。だが、1970年代に入ると産業革命の母国であるイギリスで、「英国病」と呼ばれる経済の衰退が起こり始めた。国家の成熟が引き起こす問題に対し、イギリスは自由市場を重視し、規制緩和を進めるという「新保守主義」の政策をとった。サッチャー首相による「サッチャリズム」は劇的な効果をあげ、アメリカもレーガン大統領によって「レーガノミクス」が進められた。

結果として、イギリスやアメリカの経済は、産業資本主義ではなく、金融資本主義によって復活を遂げ、産業よりもマネーが力を持つようになった。シティやウォール街が未曽有の活況を呈し、途方もない報酬も話題になった。しかし、08年の「リーマン・ショック」によって、この新しい資本主義も万能ではないことが明らかになり、人間の果てしない“GREED(強欲)”に疑義が向けられるようになった。

これらはただちに、「金融は悪である」ということを意味するわけではない。金融は経済の血液であり、産業振興のうえで重要な役割を担っている。だが、同時にレバレッジを上げたマネーゲームの過熱を防ぐことも必要なのだ。金融機関の存在意義や役割期待が改めて問い直されている今、手元に置きたい一冊である。

さて、若いころに読んだ『文明の生態史観』は、10年7月に亡くなった梅棹忠夫の代表的著作の一つである。物事の捉え方には、当然だと思われている一定の前提や視座があるが、その視座そのものを組み替えてみると、これまでと全く異なる物事の実相が見えてくる。

一般的に、世界の区分では「西洋と東洋」という地理的な枠組みが用いられる。だが、それだけではほかのアジア諸国に比べて、日本が急速な近代化を遂げられたことの特殊性を説明できない。梅棹は、各地での実地調査の結果として、日本の特殊性を「第一地域」と「第二地域」という用語で説明している。

中東や中国などの第二地域では、早い時期に巨大帝国が成立するものの、広大すぎる領土や複雑な民族関係、遊牧民の脅威などの影響から、政治が不安定化し、ある時期からは内部からの発展が難しくなる。その一方、西欧や日本を含む第一地域は、辺境にあるため、外部からの攻撃を受けづらく、温暖な気候も背景として、安定的で高度な社会を内部からの変革によって形成することができる..。そう論じたうえで、梅棹は「西洋と東洋」という分類は「系譜論」での説明にすぎないとする。そして、「文明とはなにか」という問いを立てたうえで分類を深めていく「機能論」という見方を提起した。

たとえば、目の前に「木の箱」があったとき、これを「スギか、ヒノキか……」と木材の種類で分類するのが「系譜論」の考え方である。一方で、「この箱は何に使うのだろうか」と使用目的から分類を進めるのが「機能論」である。

西洋と東洋という捉え方はわかりやすい。だが、それでは「なぜ東洋では近代化が遅れたのか」という問いに答えられない。第一地域、第二地域という分類は、ひとつの補助線である。梅棹は、第一地域と第二地域のもつ共通点と発展過程の類似を示したうえで、西洋と東洋という分類の限界を示した。

二分法での発想では、おのずと行き詰まる。文明のように、自明と思われているものでさえ、別の軸を用いれば、新しい視点が得られるのだ。40年ほど前にこの本を読んだときの目からうろこの落ちる感覚を今でも鮮明に思い出す。この2冊に限らず、物事の考え方や見方の前提となる座標軸自体についての新たな枠組みが述べられている著書に触れると、自らの構想力の境界線が取り払われるような感興を惹き起こされる。まさに読書のもたらしてくれる醍醐味だろう。

(文中敬称略)

※すべて雑誌掲載当時

(原 英次郎=構成 小倉和徳=撮影)