炭酸ガス入浴で若返り! 泡が10倍になった「バブ メディケイティッド」

写真拡大

花王が8月28日に行った新商品発表会にて、同社のパーソナルヘルス研究所室長である工藤道誠氏は、炭酸ガス入浴に関する研究成果を発表した。

研究では、入浴剤を入れていないさら湯群よりも炭酸ガス入浴剤群の方が、運動後に硬くなった筋肉が回復(足の疲労回復)しやすいことが分かった。

これは、炭酸ガス入浴剤により、血行が促進したことによる。

また、炭酸ガス入浴に加えて30秒程度のストレッチを取り入れると、さらに筋肉の柔軟化が認められたという。

筋肉の柔軟性は加齢とともに失われていく。

柔軟性が低下すると前屈をする時に骨盤が前傾せず、腰だけが大きく曲がることになる。

そのため、骨や関節に負担がかかり、歩くなどの日常生活に支障が生じてしまう。

この柔軟性を取り戻すのに、炭酸ガス入浴が見直されているようだ。

そんな炭酸ガス入浴を気軽に楽しめる、「バブ メディケイティッド」が10月13日に発売される。

泡の数が従来の「バブ」の10倍になり、高濃度炭酸が温浴効果を高める。

肩こりや腰痛に悩む人や、疲労回復を狙う人にぴったりだ。

香りはかんきつのと森林の2種類があり、よりリラックスしたひと時が楽しめる。