万有引力の法則を基に構築の”グラビティ理論”活用、アジア投資の新ファンド

写真拡大

日興アセットマネジメント(以下、日興アセット)は21日、追加型投信「日興グラビティ・ファンド」を設定、運用を開始する。

申込期間は、当初申込期間が20日まで、継続申込期間が21日〜2013年11月28日。

同ファンドは、国際経済学における「グラビティ(引力)理論」をコンセプトとした新ファンド。

グラビティ効果により収益の拡大が期待される日本を含むアジアの企業の株式に投資する。

「グラビティ理論」とは、「2国間の貿易量は、経済規模が大きく、距離が近いほど大きくなる」という理論のこと。

ニュートンの万有引力の法則「物体の間に働く引力は、物体の質量の積に比例し、物体間の距離の2乗に反比例する」との考え方を基に、”物体”を”国”に、”引力”を”貿易量”に、”質量や距離”を”国の経済規模や国と国との間の距離”などに置き換えて構築されている。

同ファンドでは、グラビティ効果が現れやすい好条件を揃え、今後一層の成長が期待されるアジアに着目。

アジアでは、グラビティ効果の高まりなどにより、域内貿易量が増加するなど、企業の収益機会が増しているという。

これを機会に、「アジア域内での展開を積極化するアジア企業と、アジアの活力を取り込む日本企業の株式に投資し、中長期で高いリターンの獲得を目指す」(同社)としている。

まず、同社がグラビティ理論を利用して将来の理論貿易量を推計し、現在の貿易量との比較や株式時価総額などを勘案した上で、アジア地域の国別配分比率を算出。

これを参考に、FIL・インベストメント・マネジメント(シンガポール)・リミテッド(以下、フィデリティ)が最終的な国別配分を決定する。

組入銘柄は、フィデリティによる現地に精通した企業調査を活用し、主としてグラビティ効果により企業収益の拡大が見込まれる銘柄の中から、ボトム・アップ・リサーチにて厳選する。

購入単位は、新規購入時が10万円以上1円単位、追加購入時が1万円以上1円単位。

購入価額は、当初申込期間中は1口当たり1円、継続申込期間中は購入申込受付日の翌営業日の基準価額となる。

信託期間は2022年8月29日まで(2012年9月21日設定)で、決算日は毎年8月28日。

同社は、「アジアの成長を捉えるファンドの開発と優れた運用パフォーマンスの提供に、引き続き努めていく」としている。