ジャガー・ランドローバー・ジャパン、新型「レンジローバー」詳細を発表

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはこのほど、8月に概略を発表した新型「レンジローバー」の詳細を発表した。

エンジンは510馬力を誇る5.0リットルV8ガソリンスーパーチャージャーなど4種類が搭載される。

新型「レンジローバー」最大の特徴は、CUVでは初となるオールアルミのモノコックボディだ。

その軽量化の効果は、現行モデルとの比較でボディシェルだけで180kgにもなる。

その他の軽量化技術とあわせ、車両総重量では420kgもの削減に成功している。

これにより、走りのパフォーマンスと環境性能の両方が大幅に向上している。

前回の発表では詳細が伏せられていたエンジンに関しては、4種類用意されていることが判明した。

375PSの5.0リットルV8ガソリン、510PSの5.0リットルV8ガソリンスーパーチャージャー、258PSの3.0リットルTDV6ディーゼルターボ、339PSの4.4リットルSDV8ディーゼルターボだ。

トランスミッションは全て8速オートマチックが組み合わせられる。

ちなみに、3.0リットルTDV6ディーゼルターボエンジンは従来モデルの4.4リットルTDV8ディーゼルターボの代替として搭載されたもので、軽量化により性能の低下はないとしている。

同時に、最大22%のCO2排出量削減を実現している。

新型「レンジローバー」は2012年末から世界170のマーケットで発売されるという。

ただし、日本での発売時期や価格は未定。