(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹植、七歩の才!
曹操の死後、魏王となった曹丕は弟の曹植を妬んでいました。曹植は文才があったのですが、それが代筆であるという嫌疑を
曹丕から掛けられてしまい、即興で詩を七歩歩く間に作成する事を命じられます。

その詩は「兄弟」を主題としたものであり、現状の曹丕と曹植の立場を表したものでした。曹丕は曹植の文才を本物と認めたうえで、詩作に耽る曹植を生涯閑職へと封じることとなります。
●劉封と孟達の処罰!
さて、曹丕と戦う前に関羽の救援部隊を送らなかった件について劉封と孟達を処罰する必要があると劉備は考えます。また孔明は一度劉封と孟達を別々の太守に任命して引き離してから、それぞれを処罰しようと考えますが…。

張飛は孔明の進言にやや不満気味。その憂さを晴らすため神々・竜々の屋台で酔っ払いますが…。孟達配下の申儀が張飛に探りを入れた際、孔明の策略の一部が発覚し孟達と劉封に知られてしまいます。

その結果、孟達は曹丕へと帰順し、劉封と孟達が戦う事となります。劉封は戦死しますが、劉備は罪の償いをしようとした劉封を手厚く葬る事にします。
●曹丕、皇帝となる!
許昌では天に龍が舞うという超常現象が見られました。曹丕配下の賈詡はこれを吉祥とし、献帝から皇帝の地位を禅譲するよう進言します。

最終的に献帝から二度目の禅譲を受けることで、曹丕は皇帝となります。

※これで漢王朝は滅亡する事になります。
●献帝、暗殺か!?
皇帝の地位を禅譲した献帝は新たな任用地へ移動します。しかし、仲達の策略で許褚による暗殺計画で献帝は崖から落とされてしまいますが…。

献帝は辛うじて生きています。偶然にも神々・竜々によって一命を取り留めますが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第60話「曹操の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第59話「関羽の亡霊」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第58話「関羽死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第57話「暗雲 荊州城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第56話「関羽の涙」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト