読む鉄道、観る鉄道 (17) 『駅 STATION』 - 北海道・留萠本線がにぎわった頃、高倉健が残したドラマ

写真拡大

高倉健が6年ぶりに主演した映画『あなたへ』が公開中だ。

高倉健主演、 降旗康男監督といえば『鉄道員』が有名だけど、今年はオリンピックイヤーだから、元オリンピック選手の生きざまを描く『駅 STATION』(1981年・東宝)をおすすめしたい。

主人公のプロフィールと生き方を淡々と描き、ラストに起きる出来事で強いメッセージを残す。

そんな構成も『あなたへ』によく似ている。

主人公の三上(高倉健)は北海道警の刑事であり、射撃のオリンピック選手でもある。

彼は正義感が強く、妻(いしだあゆみ)のたった一度の過ちを許せずに離婚した。

また、オリンピックよりも、犯人逮捕の現場を優先しようとする。

その矢先に警官射殺事件が起きる。

上司はオリンピックを優先しろと言うが、三上は仇(かたき)を討たせてほしいと懇願する……。

時は流れ、三上はオリンピック射撃チームのコーチとなっていた。

しかし選手たちと疎遠になりながら凶悪犯も追い続ける。

そんなとき、連続殺人容疑者の妹、吉松すず子(烏丸せつこ)の存在をつかみ、留萠本線増毛駅近くの食堂を張り込む。

三上は自分の妹(古手川祐子)の幸せを願っていた。

その妹とすず子を重ねつつ、凶悪犯の兄が妹を思う気持ちに賭けた。

銀行籠城事件を解決し、刑事としてさらに評価を高める三上。

彼の心にはいつも、「競技で撃つことと、人を撃つことは違う」というコーチの言葉がある。

しかし職務では冷徹。

遠慮なく凶悪犯に銃を向ける。

そんな三上の前に、第3の女、桐子(倍賞千恵子)が現れる。

増毛の町で逢瀬を重ねる2人。

ひとときの安らぎ。

刑事を続けるか、老いた母が待つ故郷に戻るか。

三上の心は揺れていく……。

脚本は、『北の国から』をはじめ、北海道を舞台とした数々の名作を手がける倉本聰。

三上のコーチであり、人生の師匠でもある相馬刑事に大滝秀治。

三上の故郷の漁師に田中邦衛。

サブキャストも根津甚八、永島敏行、小林稔侍、橋本功など豪華だ。

武田鉄矢、塩沢ときのコミカルな場面も、2時間超の大作で良いアクセントになっている。

音楽を担当した宇崎竜童も暴走族のリーダー役で出演する。

北海道の風景を情緒的に盛り上げる音楽の作者と、その配役の意外性も興味深い。

オープニングは銭函駅の俯瞰(ふかん)撮影で、DD51が引く黒い貨物列車が通り過ぎる。

次の場面、三上の妻子はED76が引くオハ35系客車で旅立つ。

こんな場面から始まれば、物語も、鉄道の場面も期待してしまう。

その期待通りの美しい映像で、鉄道も描かれる。

物語の主軸となる路線は留萠本線だ。

旅客列車は新品でぴかぴかのキハ40形と、郵便荷物車のキユニ21形の2両編成。

どの時間も車内は混んでいる。

増毛〜留萠間の気動車列車は短いが、貨物列車は長かった。

留萠駅からは羽幌線(1987年廃止)が分岐し、羽幌炭鉱からの貨物列車が留萠駅に集積した。

炭鉱といえば、劇中では函館本線上砂川支線(1994年廃止)も登場する。

石炭輸送でにぎやかな上砂川駅の映像は、資料としての価値も高い。

羽幌炭鉱が稼働していた頃の留萌はにぎわっていたようだ。

映画館があり、車の往来も多い。

炭鉱で景気が良いのか、2ドアクーペタイプも目立つ。

本作撮影当時の留萌市の人口は約3万5,000人。

現在は約2万4,000人という。

増毛町も映画撮影当時は約8,000人の人口があり、繁華街もにぎわっている。

同作品では、元旦未明の増毛神社の様子が描かれていて、留萠本線に初詣列車が走っている。

現在の増毛町は約5,000人とのこと。

その意味でも、この作品は国鉄時代のローカル線の活気も見せる映画といえそうだ。

鉄道に対する人々の期待、ありがたみが、車内の混雑した情景に表れている。