銀河系の中心にあるトンデモナイものとは?



私たちが住んでいる太陽系は、ご存じの通り「太陽」を中心にして地球やほかの惑星が回っていますね。



それでは、太陽系を含む銀河系の中心には一体何があるのでしょうか。



今回はそんな素朴なギモンに答えてみたいと思います。



■ 「銀河」と「銀河系」



宇宙には、無数の「銀河」が存在します。



銀河とは、たくさんの星々が一定の範囲内に集団となって集まっているものを指します。

その中でも「アンドロメダ銀河(アンドロメダ星雲)」などは聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。



そんな数多(あまた)ある銀河の中でも、私たちの住む地球・太陽系を含む銀河のことを、特に「銀河系」または「天の川銀河」と言います。



銀河系は、「棒渦巻銀河」と呼ばれるタイプの銀河であると考えられており、中心部分が膨らんだ円盤や凸レンズのような形をしています。



ちなみに、銀河系の直径はおよそ10万光年、中心部分の厚さはおよそ1.5万光年という大きさです。

その中には太陽と同じように自ら光り輝く恒星だけで、なんと2,000億個以上も存在し、銀河系の総質量は太陽の1兆〜2兆倍程度と推定されています。





■ 銀河系の中心には何がある?



太陽系が存在する場所は、銀河系の中心からは3万光年近く離れた端っこの方です。

銀河系の中心は地球から見ると、いて座の方向にあたります。



それでは、その中心部分に近づいていきましょう。



銀河系は、先ほどもご説明したとおり、渦巻きの円盤状をしています。

中心部分に近づくほど、その厚みを増していき、中心から7,000光年ぐらいまでの範囲の膨らんだ部分を「バルジ」と呼んでいます。



銀河系全体を見渡すと、いろいろな年代に誕生した星がありますが、このバルジ付近に限ってみれば、新しい星は少なく、どちらかと言えば、銀河系誕生当時からの古い星が多く存在します。



星は時間がたつにつれてその表面温度が下がっていくため、見た目の色も、青白色から白色・黄色・オレンジ色・赤色へと変化していきます。

そのため、このバルジにある星たちは、黄色やオレンジ色のものが目立ちます。



今度は、さらに中心部に目を向けていきましょう。

銀河系の中心核には一体何があるのでしょうか…。



X線や赤外線などを使った最新の観測によると、なんと銀河系を始めとする多くの銀河の中心には、あらゆるものを吸い込んでしまう巨大な「ブラックホール」が存在するのではないかと考えられています。



銀河系の中心に存在するとされているのは、太陽の質量の数百万倍もあるとされる「超大質量ブラックホール」と呼ばれる、とても巨大なブラックホールです。

ただし、これがどのような過程を経て、この場所に形成されたのかについては、今のところハッキリとしたことは分かっていません。



一説には、銀河系の中心部分にできた小さなブラックホールが徐々に集まって、巨大なものになったとも考えられています。

また、銀河系そのものがブラックホールから生まれたとする学説もあります。





■ 銀河系の将来



太陽系を含む銀河系から一番近いお隣の銀河が、冒頭にも紹介しました「アンドロメダ星雲」です。



…と言っても、その距離は銀河系から見ておよそ300万光年。銀河系の直径の約30倍も離れたところにあります。



しかし、最近のNASAの研究発表によると、私たちが住むこの銀河系は、40億年後にはそのアンドロメダ星雲と衝突するのではないかと予測されています。



それぞれの銀河同士が衝突することで、1つの新たな銀河が誕生することになるでしょう。



そうなれば、その中心部分にはさらに大きなブラックホールが誕生することになるかもしれません。





■ まとめ



今回は「銀河系の中心には何があるのだろう?」という素朴なギモンについて見てきました。



太陽系の中心には太陽があり、銀河系の中心には多くの星が集まっているというイメージがありますが、銀河系のさらに中心部にはブラックホールが存在するなんて意外だと思いませんか。



このブラックホールがどのようにしてできたかが分かれば、宇宙誕生の謎の解明にもつながるかもしれませんね。





(文/TERA)







■著書プロフィール

小さいころから自然科学に関心があり、それが高じて科学館の展示の解説員を務めた経験も持つ。現在は、天文に関するアプリケーションの作成や、科学系を中心としたコラムを執筆している。