京都大学大学院 
人間・環境学研究科教授 
鎌田浩毅 
1955年、東京都生まれ。東京大学理学部卒業。専攻は火山学。学生からの講義の評価は教養科目の中で1位。著書に『中学受験理科の王道』『一生モノの勉強法』『火山噴火』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■鎌田浩毅式文章術

文書に数字や図表といったデータを入れ込む場合は、数字や図表がなくても意味がわかる文章を書くことが先決です。ときどき数字や図表が唐突に登場した印象を与える文章を見かけることがあります。それは文章ありきで構成を固めていないからです。個条書きでもいいので、一度、文章で表現してから数字や図表で代替すると、読み手にもデータの位置づけが明確に伝わるはずです。

データは見せすぎに注意です。手持ちのデータをすべて見せる必要はありません。量が多くなるほど、読み手にデータの読み取りを強要することになります。年別の統計を使うなら、10年ごとにまとめてみたり、強調したい年だけ抜き出して見せるのもいいでしょう。

抜き出して見せる部分は、3つが理想です。たとえば「2000年に100人」という数字だけでは、比較対象がなく、数字の持つ意味が不明瞭です。しかし、「2005年に200人」と加われば、増加傾向が浮かび上がり、さらに「2010年に300人」で、同じペースで増え続けていることがわかります。データは一つだけを抜き出しても意味が伝わりにくく、多すぎても読み手に負担をかけます。読み手に論旨を伝えるという条件を満たしつつ、どこまでデータを絞り込むか。ここが腕の見せどころです。

■畑村洋太郎式文章術

文章だけでは正確かつわかりやすく伝えることが難しいとき、助けになるのが図や絵、写真といったビジュアルです。

図や絵は、一度に多くの情報量を伝えることができます。先ほど触れた思考展開図は一つの研究テーマを一枚の紙で表現できますが、文章化すると一冊の本でもまだ足りないほどの分量になります。

写真も同じです。一枚の写真に写るものをすべて具体的に文章化しようと思ったら、とてもA4文書一枚では足りない。情報量や具体性では図や絵、写真にはかないません。

ただ、図や絵が文章より優れた伝達手段だと言いたいわけではありません。文章は情報量や具体性で劣りますが、事実を事実として説明するという点では、むしろビジュアルより優れています。たとえば法律の条文を図で伝えるのは非常に難しい。図で大枠を伝えられても、漏れが生じやすく正確さを欠くからです。

相手に正確かつわかりやすく伝えるためには、文章かビジュアルかという二者択一に陥るのではなく、お互いを補完し合うような形で使うことが理想です。

自動車の事故現場を説明するなら、写真で具体的に現場を見せて、「この方向から車が時速○キロで進入した」「目撃者はこの位置にいた」というように文章を書き込んで事実を補足します。こうすると文章とビジュアルの相乗効果で、「1+1」が「2」どころか「5」にも「10」にもなります。

本来、文章と図や絵には等価性があり、量などの制限がなければ、どちらでも情報伝達が可能です。それを踏まえたうえで、相手に伝わりにくい文章は図や絵で、図や絵は文章で補う工夫が必要です。

(村上 敬=構成)