TVアニメ『ゆるゆり♪♪』、「みかしーオワタ」の伝説がふたたび!?  - ニコニコ生放送「帰ってきた! ごらく部のゆるい音楽天国”ゆる天”」

写真拡大

2012年7月よりテレビ東京ほかにて放送中のTVアニメ『ゆるゆり♪♪』。

そのメインキャスト陣で結成する「七森中☆ごらく部」の三上枝織 (赤座あかり役)、大坪由佳 (歳納京子役)、津田美波 (船見結衣役)、大久保瑠美 (吉川ちなつ役)が、2012年7月21日、ニコニコ生放送に登場した。

今回のニコ生「帰ってきた! ごらく部のゆるい音楽天国”ゆる天”」は、昨年9月に配信された「ゆるゆり」と「楽天ブックス」によるコラボ企画の第2弾で、楽天ブックスのサマーキャンペーン2012開催を記念した特別番組。

前回同様、ごらく部の4人は、楽天イーグルスのユニフォームを身に纏っての登場となった。

前回の放送は、オリジナルサウンドトラックCD「ゆるゆりのおんがく♪ YURUYURI ORIGINAL SOUNDTRACK」の収録曲にごらく部の4人がタイトルをつけるというものだったが、今回の放送では、Blu-ray/DVDの特典として収録されるオリジナルサウンドトラックのタイトルを命名。

特に今回は、完全アドリブによる即興ということもあって、音楽担当の三澤康広氏が横で見守るという状況の中でも、フリーダムなタイトル案が続出。

タイトルの決定は視聴者の投票によって決定されるということもあって、前回を上回るカオスな展開が繰り広げられた。

また、「ゆる天」といえば罰ゲームということで、中間発表時に獲得ポイントの少ないメンバーは、罰ゲームとして恒例(?)の野球モノマネを披露。

第1次中間発表こそ、津田と大久保による「審判に抗議」という無難なテーマだったが、第2次中間発表の大坪には、バットが手渡され「何か面白いこと」というムチャぶり。

結局、前回のニコ生の流れを受けて「中島のマネ」をすることに……。

そして、18曲分のタイトルも決まり、いよいよ最終結果。

当初、三上&大坪が勝者という発表が行われたが、実際の勝者は三上と津田。

ぬか喜びとなった大坪は、どべちん(最下位)にはならなかったものの、なぜか大久保とのコンビで罰ゲームの追い討ち。

「野球部員とマネージャー」というお題で挑んだ罰ゲームは、「これ大丈夫なんですか?」と三上が心配するほどのカオスぶりで、前回とは異なる意味で、やはり伝説の「ゆる天」となったのだった……。

なお、先にも述べたとおり、今回ごらく部のメンバーが命名したBGMが収録されたCDは、TVアニメ『ゆるゆり♪♪』のBlu-ray/DVDの特典となるので、しっかりチェックしておきたい。