(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操の病
ある冬の日、曹操は劉備への進軍を検討していますが夜な夜な関羽の亡霊の幻覚に悩まされます。これは関羽の亡霊のせいなのか、それとも曹操自身の病のせいなのか…。

いずれにしても曹操の病は重いようで、仲達・程┐箸眩眩爐良造鮗せる医者を全国から探す事になります。そこで白羽の矢が立ったのは名医華佗。かつて関羽の腕の毒矢の傷を治したこともあり、当時の中国で唯一麻酔を使用した手術方法も心得ているということです。早速、華佗に曹操の病の治療を依頼することになります。
●孫権、曹操に降伏する!
江東の孫権は曹操軍が100万の兵力を集結させている情報を掴み、孫権軍へ攻め込む事を知ります。そこで陸遜は孫権に対して曹操の臣下として降伏する事を進言します。もちろん気位の高い孫権は陸遜の進言について激怒しますが…。

実はこの孫権の曹操への降伏は名を捨てて実を取る陸遜の戦略。実質的には孫権は現状のままで曹操軍からの攻撃が一時的にせよ休止になり、矛先は劉備軍の益州に向けさせる事になります。もちろん曹操は孫権の申し出を快く引き受けます。
●曹操、華佗の治療を断る!
曹操は3日間もうなされていましたが、華佗がやってきた事により漸く目が覚めます。そこで華佗は曹操の病が頭にある腫瘍だと診断し、曹操に麻酔と頭の手術を勧めますが…。

ところが曹操は華佗の診断を信じられず、彼を牢獄へ放り込み拷問にかけ死罪にしようとします。

※もちろん華佗は純粋に曹操の病を治療しようとしただけです。これで曹操の命運も尽きたと言えます。
●華佗、獄中で医学書「青嚢の書」を執筆する!
死罪が決まった華佗、それでも彼は獄中で医学書「青嚢の書」を執筆しています。この「青嚢の書」は華佗の医学知識や技能を全て示した書物であると言われています。

「青嚢の書」に何が書かれていたのか詳細は不明ですが、恐らく麻酔や曹操の頭の手術方法等が書かれていたと推定されています。
●亡霊にうなされる曹操
病床の曹操、そこには関羽のみならず董卓・袁紹等ここまで曹操が殺害してきた者の亡霊が集結し彼の病状を更に悪化させます。

曹操の子である曹丕が駆け付けたときには、曹操は殆ど意識が無い状態。医者の診断では頭にある腫瘍を除去しなければ治らないという状況なのですが…。

華佗は既に打ち首になっており手遅れ、しかも「青嚢の書」は牢屋の看守の家で竈の薪代わりに燃やされてしまいました。残されたのは豚の治療法のみ、これでは役に立ちません。
●曹操の死
既に曹操の病は治療法も無く、まもなく死を迎えようとします。

その死の間際、曹操は関羽の幻影により錯乱状態に陥りながらも最後は正気に戻り曹丕・仲達・程等へと後事を託し力尽きます。

乱世の奸雄、曹操は66歳の生涯を閉じる事になったのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第59話「関羽の亡霊」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第58話「関羽死す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第57話「暗雲 荊州城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第56話「関羽の涙」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第55話「五虎大将関羽 出陣す」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト