忘れられない! 国語の教科書のあの話

写真拡大

国語の教科書で、出会ったたくさんの作品。誰にでも、忘れられない想い出のストーリーがひとつはあるのではないでしょうか。今回は、社会人300人に、「国語の教科書に載っていて、最も印象に残っている話」を調査。多感な少年少女の心をとらえた作品について聞いてみました。

Q .国語の教科書に載っていて、最も印象に残っている話を教えてください。

■「こころ」
・教科書に載っていたKとの部分が、授業で扱うにはセンセーショナルだなと感じたことを覚えている。続きが読みたくて、図書館で借りて一気に読んだ。 (24歳/女性/運輸・倉庫)
・「恋は罪悪」とか、「精神的に向上心がないものは馬鹿だ」とか、登場人物が話す独特な言葉を、友人とよくまねをした。(25歳/女性/金融・証券)

■「ごんぎつね」
・良いことをしたのに、勘違いされて殺されてしまうのがあまりにかわいそうだった。(27歳/女性/販売職・サービス系)
・演劇で、主役を演じたから。(22歳/女性/不動産)

■「竹取物語」
・日本最古のファンタジー小説だと思う。(25歳/男性/金融・証券)

■「蜘蛛の糸」
・ドラクエシリーズに出てくるモンスターが主人公と同じ名前だったので、「お!」と思った。(20歳/女性/その他)

■「赤い実はじけた」
・小学6年生の国語の教科書に載っていた、甘酸っぱい初恋の話。教科書なのに恋愛の話が載っていてびっくりしたのと、ピュアな恋愛に心を打たれたから。(22歳/女性/商社・卸)

■「舞姫」
・豊太郎がダメ男すぎてインパクト大。(28歳/女性/商社・卸)
・あれが本当に著者の体験記だったら驚き。よく書けたなと思う。(23歳/男性/その他)

■「敦盛の最期」(平家物語)
・古典はとっつきにくいと思っていたが、この話は登場人物の息遣いが生き生きと感じられ、読み進めるのが楽しかった。(25歳/女性/警備・メンテナンス)

■「スイミー」
・魚の団結力と友情に感動!(28歳/男性/印刷・紙パルプ)
・体の小ささを克服するため、仲間と一致団結するストーリーに勇気づけられた。(23歳/女性/学校・教育関連)

■「やまなし」
・「クラムボンはかぷかぷ笑ったよ」というフレーズが忘れられない。(27歳/女性/金融・証券)
・クラムボンの正体は、結局なんだったの? (22歳/男性/団体・公益法人・官公庁)

話の内容は覚えているけど、タイトルが思い出せない! という回答も多々あったので、少しだけご紹介しましょう。

・芥川龍之介が懇意にしていた文筆家へあてた手紙。芥川の言葉がとても美しく、忘れられない。(25歳/女性/ 情報・IT)
・僧侶と女性の恋愛を描いた古文。国語の教科書に載るには珍しい内容だと感じたので。(28歳/女性/その他)

長編作品の場合、教科書に掲載されているのはごく一部。「こころ」を筆頭に、続きが気になって自分で読んだという名作を挙げた人、「そう来たか!」といった意外な展開や独特な描写が忘れられない人など、さまざまな意見が集まりました。あらためて考えると、国語の教科書は名作の宝庫。子どものころ、あなたの心をとらえたのはどんな作品でしたか?
文●ジーソン(エフスタイル)

調査期間:2012/6/20〜2012/6/21/アンケート対象:マイナビニュース会員/有効回答数:300人(ウェブログイン式)