裁判を傍聴するにはどうすればいい?



みなさんは裁判の傍聴をしたことがありますか? ニュース番組などでイラスト風の裁判風景を見ることはよくありますが、実際に傍聴したという人はそんなに多くいないのではないでしょうか。中には、傍聴に行ってみたいけどどうすればいいのかわからない、という人もいるはず。



そこで今回は、東京高等裁判所に裁判を傍聴しに行くと仮定して、裁判傍聴のプロセスを紹介します。



■裁判所に行ってみよう!



まずは裁判所に行ってみないことには何も始まりません。東京高等裁判所の場合、朝の9時には庁舎入り口が開放されています。それ以外の裁判所以外に行く場合は、何時から開放されているのか調べるようにしましょう。



入り口は関係者用と一般用に分けられており、入ると荷物のセキュリティチェックが行われます。よく空港などで通る金属に反応すると「ピンポーン」と鳴るゲートもくぐらなくてはいけません。かなり厳重です。



■裁判の開廷予定をチェックしよう!



東京高等裁判所がある庁舎に入ると一階はロビーになっており、中央部分にある机の上にその日行われる裁判の予定表が置いてあります。予定表は民事裁判と刑事裁判とふたつに分けられており、開廷時間や罪状などが記載されています。



特に目的の裁判がない場合は、この予定表を見て傍聴してみたい裁判を選ぶのがいいですね。



また、東京高等裁判所がある庁舎には、高等裁判所以外に地方裁判所、簡易裁判所、知的財産高等裁判所と複数の裁判所があるので、これらの裁判所の開廷予定表も確認することができます。高等裁判所の開廷予定で傍聴したい裁判がない場合は、こちらをチェックしてみるのもいいでしょう。



■裁判を傍聴してみよう!



傍聴したい裁判の時間や裁判が行われる部屋番号を確認したら、開廷時間の少し前にその部屋へ向かいましょう。まだ開廷まで時間があるような状況でも、一般待合室というのがあるので、そこでしばらく待てば大丈夫です。



法廷へは室傍聴人入り口から入ります。間違っても検察官入り口から入らないように(笑)。また、入り口横には撮影や録音の禁止、持ち込み禁止物などの傍聴をする際の注意事項などが書いてあるのでしっかりと確認しておきましょう。



傍聴人席で座って待っていると、検察官や弁護人、そして被告人が登場し、最後に裁判長が部屋に入り、裁判が始まります。開始の際、法廷にいる全員が立ち上がって礼をします。もちろん傍聴人もです。



裁判が始まると、あとは終了まで座って傍聴するだけです。途中退席、途中入場どちらも可能です。ただあまり何度も何度も出たり入ったりするのはNG。気をつけましょう。



■注目度の高い裁判を傍聴するには?



テレビのニュースなどで報道されるような、世間の注目度の高い裁判を傍聴したい場合は、傍聴券というものを抽選で手に入れなければなりません。抽選を受けるには、裁判所が指定した時間に指定場所に集合しなければなりません。



有名な裁判がある場合は、指定日時を把握しておきましょう。後は自分のクジ運次第です。





さて、裁判は以上のような形で傍聴することができます。裁判所に行って予定を調べて部屋に行く、これだけなのでかなり簡単です。私も実際に裁判を傍聴しに行った際、身構えて裁判所に行ったのでかなり拍子抜けしました。



「裁判の傍聴に興味があるけどハードルが高そう……」という人は思い切って行ってみてはいかがですか?



(貫井康徳@dcp)