あなたは信じる? 子どものころの不思議体験




ペットがしゃべった……幽体離脱した……。信じられない不思議体験、皆さんはしたことがありますか? 特にこうした不思議体験は子どものころに経験する人も多いもの。マイナビニュース読者に「子ども時代の不思議体験」をアンケートしました。



調査期間:2012/6/5〜2012/6/10

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■意味不明すぎる不思議体験



「CDの再生中、祖母から名前を呼ばれた。その呼び声がなぜか再生中だったCDに録音された」(28歳/女性)



「海を見ていたら、遠く地平線の上空に、白い人みたいなものが見えて、どんどん空に向かってゆっくり上がって行った」(29歳/男性)



「『キウイの白い部分はバナナだ』『一緒に植えるとそうなるよね』という会話を耳にした。親せき一同が集う場で確かに聞いた」(30歳/女性)



どこから突っ込んでいいのやら……。



■続!意味不明すぎる不思議体験



「キャベツの中から妖精がでてきた」(27歳/女性)



「自転車で宙返りをした」(26歳/男性)



「UFOを見た」(31歳/男性)



「空を飛んだ」(30歳/男性)



学校で話すと、ちょっとしたホラ吹き扱いにされてしまいそうな話です。



■夢にまつわる不思議体験



「夢の中で、若いころのお母さんと出会った」(28歳/女性)



「予知夢をよく見た」(22歳/男性)



「10数年間、同じ夢を何度も見ている」(27歳/女性)



筆者もここ数年、同じ夢を何度も見るのですが、何かの暗示なのでしょうか? 夢占いに詳しい人がいればぜひ教えてほしいです。



■背筋が凍る不思議体験



「死んだ人に会った」(22歳/男性)



「何度も同じ人形を拾った」(24歳/女性)



「夜寝ていたとき、胸の上におばあさんが正座して座っていた」(36歳/女性)



「窓ガラスに映る顔が自分の顔と違った」(39歳/女性)



筆者は怖がりなので、この手の話が心底苦手で……。



どんなに信じられないような不思議体験でも、本人が「経験した!」というのであればそれが真実なのかもしれません……。



(山本莉会/プレスラボ)