京都大学大学院 
人間・環境学研究科教授 
鎌田浩毅 
1955年、東京都生まれ。東京大学理学部卒業。専攻は火山学。学生からの講義の評価は教養科目の中で1位。著書に『中学受験理科の王道』『一生モノの勉強法』『火山噴火』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■鎌田浩毅式文章術

文章の構成は「三部構成」を意識すべきです。人が同時並行的に処理できる数は諸説ありますが、3が上限です。少なくとも3つまでなら要素同士の関係がわかりやすく、読み手も混乱しにくい。

三部構成には、「序・破・急」「仮説・検証・結論」など、いろいろなパターンが考えられます。私がよく利用するのは、弁証法の概念である「正・反・合(A、notA、B)」。弁証法というと難しそうですが、主張したい意見(A)と、反対する意見(notA)、さらに正反対の2つを統合するような意見(B)で論理を構成する方法だと考えてください。とくにビジネスでは、何をやるにしても反対意見が出てきます。あらかじめそれを踏まえて構成を組めば、説得力のある文章になるのです。

長い文書になると、全体の三部構成の下に章や項目をつくって細分化する必要があります。章や項目も「3」を単位にして構成すれば、まとめやすいはずです。

いざ書いてみると、想定した構成通りにいかないことがよくあります。そうした場合に備えて、あとから文章を整理しやすい工夫もしておきたいところです。

とくに意識してほしいのは見出しです。章や項目につける見出しはもちろん、私は本文も数十行ごとに細かく分割して、小見出しをつけています。文章を逐一読みながら構成し直すのは時間がかかりますが、見出しでラベリングすれば、中身を読まずとも整理が可能です。

パラグラフ単位の構成も視野に入れて、各段落は、その段落の要約文(トピックセンテンス)から書き始めるといいでしょう。段落ごとに見出しをつける必要はありませんが、この方法ならトピックセンテンスがラベルの役割を果たしてくれるので、効率的に入れ替えができます。

■畑村洋太郎式文章術

蕎麦屋でおいしい蕎麦を食べたとします。その店の魅力を文章で伝えるとき、どう構成を考えればよいでしょうか。

おいしいと感じた理由を分解すると「蕎麦」「汁」「器」「接客」など、さまざまな要素を思いつくはずです。もちろんこのまま要素を並べても、相手には伝わりません。そこでまず各要素のつながりを理解して、「おいしい蕎麦屋」を構造化する必要があります。

構造化には図を活用します。要素を白紙にランダムに並べて、属性が同じ要素をキーワードで括ります。たとえば「蕎麦」「汁」「エビ」といった要素は、「味」という上位概念(キーワード)で括られます。次にキーワード同士の関係を考えて線でつなぎ、全体像を把握します。こうしてできた図を“思考展開図”といい、あらゆる事象は、この図で構造化することができます。

あとはこれを文章化するだけです。全体構造がわかれば、文章の構成は難しくありません。いきなり関係のない要素が割り込んできたり、本来なら因果関係のあるキーワードが離れ離れになるといった混乱も防げるはずです。

もし構成に迷ったら、思考展開図に立ち返ってください。図と文章を何度も往復することによって理解が深まり、構成もよりクリアになるでしょう。

思考展開図では、助詞や接続詞にあたる線を使いません。一目で要素やキーワードの関係がわかるので、いちいち矢印を使うなどして、お互いの関係性を強調する必要性がないのです。

実は文章化する際も、過度に助詞や接続詞を使う必要はありません。副詞や形容詞も不要です。これらで関係性を強調しなければいけない文章は、構造化がきちんとできていない証拠。全体構造がつかめていれば、文章はシンプルになるはずです。

(村上 敬=構成)