スター・ウォーズの名シーンが蘇る本格コラボウォッチ、セイコーが発売

写真拡大

 セイコーウオッチが、「セイコー ブライツ」とSF映画「スター・ウォーズ」のコラボレーションウォッチ全6モデルを10月12日に発売する。ダース・ベイダーやヨーダ、C-3POなど、作品中のキャラクターの特徴をセイコーならではの先進技術と匠の技で表現。オールデジタル仕様の「R2-D2モデル」には映画のシーンを描いたグラフィックが複数表示され、ウォッチの中で名場面が蘇る。 スター・ウォーズ×セイコーの時計の画像を拡大

 「スター・ウォーズ」の映画公開35周年と同じタイミングで登場したコラボレーションウォッチは、キャラクターの造形やカラーリングなどで映画の世界観を再現しながら、ビジネスシーンにも適したデザインと機能を備える限定モデル。ケース側面には劇中で使用されている言語「Aurebesh(オーレベッシュ)」で各キャラクターの名前が刻印され、裏ぶたにはそれぞれの"顔"が精巧に描かれている。全国の取扱店を対象に、数量限定で販売予定。 展開されるアイテムは全6モデル。イメージカラーのブラックを基調に曜日を表示するインジケーターにダイヤモンドを施し、3地域の異なる標準電波を受信する「ダース・ベイダーモデル」をはじめ、赤をベースにストップウォッチ機能を搭載した「ダース・モールモデル」、ファンには馴染みの深いメッセージが裏ぶたに記された「ヨーダモデル」の3モデルには、ライトセーバーをモチーフにした秒針を用いている。また「C-3PO モデル」はダイヤルのインジケーターで腹部の充電口をイメージし、「ストームトルーパーモデル」ではツヤのあるホワイトカラーの文字盤でキャラクターの特徴を捉えたという。シルバーとブルーを基調にした「R2-D2モデル」には新時代のデジタルウォッチとして300dpiの高精細表示を備えた「アクティブマトリクスEPDウオッチ」が使用され、時刻表示スタイルの切り換えとともに、戦闘シーンなど名場面の描かれたグラフィックが複数パターン表示される。■問合せ先 セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012■スペシャルサイト http://www.seiko-watch.co.jp/bz/starwars/