都内の猫カフェを渡り歩いてみた (2) モフモフッ! モップのような巨大猫をなでまわす -猫カフェきゃりこ【後編】

写真拡大

前編では、新宿にある猫カフェ「きゃりこ」の猫たちをご紹介した。

後編では、前編でご紹介できなかった猫たち(特に大型種)を紹介したい。

床で上手にお座りしていたのは、アビシニアンという種類の「ナッツ」君。

アビシニアンは、エチオピア原産の猫で、美しいアーモンド形の目が特徴だ。

「ナッツ」君は、運動神経が抜群の男の子で、少し興奮すると他の猫ちゃんを追いかけて遊びに誘ったりするという。

キャットタワーの上でぼーっとしていたのは、エジプシャン・マウの女の子、「えのき」ちゃんだ。

エジプト原産の種類で、美しいスポットの模様が人気だという。

ちなみに、「マウ」とはエジプト語で「猫」という意味だそうだ。

「えのき」ちゃんは警戒心のない子だそうで、おなかがすくと、ご飯をほしがってウロウロと歩くという。

スッキリした顔立ちのわりに、ポコンと少しだけでたおなかがチャームポイントだ。

ふとソファに視線を移すと、毛づくろい中の猫と目が合う。

ラガマフィンの「ラム」ちゃんという女の子だ。

見事な八割れの模様を持っており、フサフサの胸毛はまるでライオンのたてがみのようにも見える。

夜になると、同じラガマフィンの猫ちゃんとの追いかけっこをして遊ぶそうだ。

猫らしいポーズをきめているのは、短い足で有名なマンチカンの「陸」君。

マンチカンなのに足が長いのが特徴的だ。

控えめな性格で、なでられるのが大好きだとか。

しゃがんで「こんにちは」とあいさつをしてみると、なぜかペロリと舌を出した。

キョトンとした表情が愛らしい。

この「陸」君の兄弟である「空」君が、カーペットの上でくつろいでいた。

マンチカンの男の子で、「陸」君とは違って足がとても短い。

しかし、この短い足でも、他の猫と同じように高いところに難なく登ることができるという。

「陸」君と同じく控えめな性格で、少し気が弱いところがあるそうだ。

おもちゃに埋もれながら上目使いをしているのは、シンガプーラという種類の女の子、「しじみ」ちゃんだ。

シンガプーラとは、シンガポール原産のかなり小さい猫で、大きくても体重は2.7キロほどにしかならないという。

「しじみ」ちゃんはとても甘えん坊な性格だそうで、他の猫ちゃんとくっついていることが多いという。

ちなみに、兄弟の名前は「あさり」君だそうだ。

まん丸なお顔でこちらを見ているのは、「ちょろ」ちゃん。

アメリカンショートヘアにしては珍しい毛色で、サビ柄にも似た毛並みが美しい女の子だ。

他の猫ちゃんととても仲が良く、じゃれて遊ぶのが大好きだそうだ。

少し不機嫌そうなじと目の猫ちゃんがいた。

アメリカンショートヘアの「みこし」ちゃんだ。

胸のあたりをかいてもらうのが大好きな女の子で、元気いっぱいに日々を過ごしているという。

12月25日生まれなので、「三太」君という名前のこの男の子。

マンチカンという種類で、とても気が弱く優しい性格の猫ちゃんだそうだ。

真っ黒でツヤツヤの毛波がすばらしかったが、カメラが自動的に「夜景モード」に切り替わってしまって撮影が難しい猫ちゃんだった。

カメラを持つ腕にすり寄ってきたのは、こんがりとした額の猫ちゃん。

アビシニアンの女の子で名前は「小麦」ちゃんだ。

とても小柄で運動神経が良く、人間の肩にも簡単に登ってしまうという。

カメラが珍しかったのか、大きな目でしばらくじっと見つめていた。

そして、猫カフェ「きゃりこ」の猫たちの中でも特に人気の高い子が登場した。

メインクーンという大型種の男の子、「ヒュウガ」君だ。

マイペースな性格で、一人で遊ぶことも多いという。

真正面から見てみるととても威厳のある顔つきだが、横から見てみると途端にベビーフェイスになる。