小僧寿し、築地に安ウマ立ち食い寿司「鉢巻太助 築地本店」をオープン

写真拡大

小僧寿しは9月8日に、従来のテイクアウト専門の店舗とは異なるアンテナショップ「鉢巻太助 築地本店」を東京・築地にオープンする。

同店舗はリーズナブルな価格で立ち食いのスタイルながらも、「江戸前の立ちのすし屋」を追及。

より多くの人においしいお寿司を提供することをコンセプトに、東京・築地場外市場の新名所として登場する。

メニューは、1貫70円からの単品にぎりが34種。

630円からのセットメニューの他、持ち帰り用の「太助巻(太巻)」、「太助のバッテラ(鯖押し寿司)」、食べ歩き用として持ちやすい「末広手巻き」10種などを販売する。

幅広い年齢層に向けた定番ネタに加えて、外国人観光客でも気軽に楽しめる「マグロ」を使った創作商品(手巻き寿司)も展開する。

同店舗の外観は、外壁に同社キャラクター「鉢巻太助」をあしらったユニークな看板を設置。

場外市場の新名所として、従来とは一味違う小僧寿しを演出していくという。

オープン記念として、9月8日、9日の2日間限定で「鉢巻太助 地記事本店」に来店した先着250名に鉢巻太助オリジナルTシャツを1枚プレゼントする。

また、9月中に来店した人を対象に、毎日、大トロ1貫を無料で提供する(飲食・持ち帰り品を購入した人に限る)。