ニューシス・サイトより

写真拡大

ニューシス・サイトより
7日、韓国の通信社・ニューシスは、韓国の李明博大統領に似ているキャラクター商品が原宿のキディランド、日本の玩具ショップで販売されていると報じた。

「細長い顔、小さい目が特徴」という同キャラクターは人形のみならず、ステッカー、ボールペン入れ、マグカップ、弁当箱、玩具、クッション、ハンカチなど数十種の商品が販売されているという。

記事では、「韓国人観光客の中には、領土問題などで紛糾する李大統領を茶化したのではないかと思う人もいる」と伝えているが、編集部が確認したところ、このキャラクターは、なばたとしたか氏のデザインで2006年長崎出版社が出した「こびとづかん」が元になり、李大統領と関係がないことが分かった。

それでも、記事では「キャラクターの中にはメガネをかけた太いハゲ老人もいる。これもまた全斗換元大統領に似ている」と述べている。

韓国のBBS・Ruliwebでは、同ニュースを受け、「とても似ている」「見る度にストレスになるからストレス解消にもならないだろう」「呪いかけに使えそう」といったコメントが寄せられた。

【関連記事】
3DS『こびとづかん こびと観察セット』10万本突破!
シュールで可愛い“こびと”ブームがやって来た!

【関連情報】
李明博大統領、日本でキャラクター商品として発売?(ニューシス<韓国語>)