圧倒的人気のWEB発小説がついに書籍化! 『オーバーロード』作者・丸山くがねさんインタビュー(1)

写真拡大

今、インターネット上で生まれたライトノベルがアツい。アニメ化が進んでいる『まおゆう魔王勇者』(エンターブレイン)をはじめ、アニメ化もされた『アクセル・ワールド』も別タイトルで小説投稿サイトに発表されたのが初出。『魔法科高校の劣等生』 (電撃文庫)など人気作品も登場している。

こうした中で、また新たにウェブ上の圧倒的な人気を誇るファンタジー小説が一作、大幅な加筆・修正を経て書籍化された。丸山くがねさんの『オーバーロード1 不死者の王』(sobin/イラスト、エンターブレイン)だ。

一大ブームを起こしたオンラインゲームは、その日、サービスを終えるはずだった。しかし、その時間をすぎても、ログアウトしない。そして、意思を持ち始めたノンプレイヤーキャラクター。主人公は骸骨の身体を持った最強の“不死王”アインズとして君臨することになる――。

そんな壮大な物語の始まるを告げる『オーバーロード1 不死者の王』の出版を記念して、作者の丸山さんにインタビューを行った。


■自分が読みたい「最強モノ」を目指して

―この『オーバーロード』はもともとインターネット上で公開されていた作品なんですよね。

「そうですね。もともと『Arcadia』さんと『小説家になろう!』さんの方で、SS(Short Story)として公表していたものです。今回、それをエンターブレインさんの方で書籍化していただくことになりました」

―単行本化のお話がきたときの第一印象について教えていただけますか?

「ビックリというのが一番大きな感情でした」

―自分の作品が書籍化されるとは、想像もしていなかった。

「そうですね。本当に趣味で書いて公開していましたから」

―『オーバーロード』を執筆したきっかけについて教えてください。

「もともと、ネットでSSや小説を読んでいるのが好きだったんですね。そして、自分が好きなジャンルが“最強モノ”というジャンルなのですが、どのようなものか分かりますか?」

―いわゆる、「主人公が最も強い」という物語でしょうか。

「だいたいそんな感じですが、もう少し奥が深くて、実は最強モノって昔からあるんですよ。例えば、水戸黄門や遠山の金さんも最強モノです。そうした要素にファンタジー要素を加えて作られているのが、今のネットで配信されている“最強モノ”というジャンル、“俺TUEEEEEE!!”とも呼ばれていますけれど、そういうものなんです。そのジャンルが好きで、“自分好みの最強モノ”を探すうち、だったら自分でも書いてみようと思ったのがきっかけですね」

―ウェブサイト上で公開されているのを拝読しましたが、非常に長い作品ですよね。まさかここまで長く執筆を続けるとは、最初は思わなかったのではないでしょうか。

「そうですね。2010年の3月、4月くらいから開始していますから、もう2年以上になりますけど、これだけ長く続けられたのはウェブ上に公開した小説に対して、面白いという声や好意的な感想を読者の皆さまがくれたおかげだと思います」

―『オーバーロード』の前にも小説は書いていらっしゃったんですか?

「10年ほど前にTYPE-MOONさんが同人活動をしていた頃、ファンディスクを作るためにゲームシナリオ用の小説みたいなものを募集していた時期があったんです。そのときに一度書いて送ってみて、採用はされたのですが、奈須きのこさんがあまりにも素晴らしい作品を書いていて、実際にゲームをプレイしたとき自分と奈須さんの実力差が大きすぎることが分かったんですね。そこで『もう向いてないな』と思って、小説を書くのをやめたんです」

―でも、10年経って執筆を再開された。

「仕事が落ち着いたのもありますし、もともとテーブルトークRPG(*1)(以下、TRPG)も好きですし、ストーリーを創りだすことが好きなんですね」

―そういえば、丸山さんはTRPGをよくプレイされていらっしゃるんですよね。

「大好きですね。今やっているのは、『D&D』(ダンジョンズ&ドラゴンズ)で、『D&D3』からプレイしています。また、以前は『赤本』とかやっていました。高校時代は『ソード・ワールド』ですね」

―本当に王道って感じですね。

「王道を走っていますよ(笑)! でも、僕がやるのは『クトゥルフ』(*2)ですよ。『クトゥルフ』は好きなので」

―そういえば、今年は『クトゥルフ』がすごく流行しましたよね。『這いよれ!ニャル子さん』の影響で。

「そうでしたね。でも、ニャル子さんを読んで『クトゥルフ』の絵を見たらガッカリするんじゃないですか(笑)? TRPGは面白いですよ。エンターブレインさんからも出ているので是非やってみてください(笑)」

<2>へ続く


【用語解説】
*1 テーブルトークRPG…紙と鉛筆、サイコロなどを用いて、ゲームマスター、プレイヤー同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶロールプレイングゲーム。
*2 「クトゥルフ神話」をモチーフにしたホラー系TRPG。ホビージャパンとエンターブレインから発売されている。