ちょい炊きに便利な1合専用。火加減いらずで絶品土鍋ごはんのできあがり

写真拡大

耐熱ガラス製のグラスなどを製造、販売するハリオは、面倒な火加減の調節が不要で、手軽にお米1合(茶わん2から3杯分)が炊ける「フタがガラスのご飯釜 1合専用」を発売する。

価格は5,250円。

同商品は、2合から3合炊きが販売されており、今回新たに1合専用を発売。

残すことなく食べきれるサイズは、ひとり暮らしや夫婦ふたり用にぴったりだという。

高さ17?と見た目はコンパクトながら、味は本格派。

吹きこぼれしにくい構造と鍋底に20?の厚みを持たせた肉厚形状が、ご飯をおいしく炊くための秘策「はじめちょろちょろ中ぱっぱ…」の状態にするので、わずかお米1合でも、つやつや・モチモチとしたごはんをふっくら炊くことができる。

浸水したお米を強火で一気に8分から10分加熱し、あとは火を消してそのまま蒸らすだけ。

火を止めるタイミングは、ホイッスル音で知らせてくれる。

また、白米のほか、炊き込みご飯やおかゆも可能。

内側には水量目盛りが付いており、電気を使わないため、節電にもつながるとのこと。