花とゆめ連載漫画「スキップ・ビート」の“敦賀蓮”実写化プロジェクト始動

白泉社発行の少女漫画誌「花とゆめ」で連載されている仲村佳樹の漫画「スキップ・ビート」が、2012年9月20日に31巻と愛蔵版「東京クレイジーパラダイス」(1)(2)巻を同時発売することを記念して、作中に登場するイケメン俳優・敦賀蓮(つるがれん)の実写化プロジェクトを始動した。

【関連:花とゆめ7月20日発売号、「ももいろクローバーZ」マンガ化決定】

 

「スキップ・ビート」は芸能界を舞台にした作品。30巻発売時は芸能レポーターの東海林のり子さんとコラボし話題となった。
今回の31巻では、作中に登場する「芸能界一のいい男」という設定の敦賀蓮が実写化される。演じるのは現在非公開とされており、9月5日解禁の花とゆめ本誌や公式ホームページでは「いったい誰が演じるの?」とう謎かけイベントを行なっている。
正解した人の中から抽選で20名に徳島県特産品詰め合わせがプレゼントされる。
応募しめきりは9月17日まで。

なお、全ての真相は花とゆめ20号・コミックス発売の9月20日に発表される。