岩手県宮古市の景勝地、浄土ヶ浜で秋の味覚、サンマを味わうイベント開催

写真拡大

岩手県宮古市の浄土ヶ浜で秋の味覚まつり「浄土ヶ浜さんまフェスタ」が開催される。

開催日は9月22日(土)、23日(日)の2日間。

料金はサンマなど食材がセットになって1,000円。

ただし、協賛宿泊施設に泊まった場合は半額の500円となる。

開催場所は浄土ヶ浜レストハウス前。

セットとなっている食材は宮古湾で水揚げされた新鮮なサンマやホタテ、エビ、丸干しサンマ、すり身汁、甘露煮、ウニご飯、そしてサンマの刺身だ。

サンマやホタテ、エビは自分で塩焼きにして、眼前に広がる浄土ヶ浜の景色を見ながら味わえる。

その中でも「サンマのすり身汁」はすり身がふっくらとしていると好評だ。

その他、産直施設「ひきめの里」が提供する、かぼちゃを練り込んだひっつみ汁、「ひきめ里っこ鍋」が23日(日)、250人に無料でふるまわれる。

両日ともに11:00にサンマづくしセット販売開始で幕を開け、サンマつかみ取り抽選と続く。

12:00から抽選に当たった10人がサンマのつかみ取り、13:00からサンマつめ放題(先着40名、500円)が行われる。

23日のイベントはシーカヤック体験試乗会(無料)が11:00と13:00の2回。

歌謡ショーは11:00〜12:00。

12:30からはマグロ解体ショーが行われる。

マグロの切り身をかけた選抜クイズが13:30から行われて閉会となる。

イベントは天候により内容が変更されることがある。

シーカヤック体験試乗会は雨天の場合は中止。

浄土ヶ浜は、「日本快水浴場100選」、「国指定名勝」にも選ばれているほどの有数の景勝地。

東日本大震災では被害を受けたが、現在がれきはきれいに取り除かれ、美しい景観を取り戻している。