鹿児島県、奄美市で道の島交通主催の「島バスの日」開催

写真拡大

奄美大島に路線を持つ道の島交通主催によるイベント、「島バスの日」が開催される。

開催日は9月15日(土)10:00〜11:10までだが、バスとの記念撮影は15:00まで可能。

開催場所場所はAiAiひろば。

このイベントは9月20日がバスの日であることから、その前の土曜日9月15日を「島バスの日」として各種催しを開催するというもの。

内容は保育園児が描いた「バスの絵」を審査し、表彰するイベントや、「濱田洋一郎と商工水産ズ」による奄美を応援する歌のライブ演奏、バスの乗り方講座が予定されている。

また、道の島交通にあるさまざまなラッピングバスの記念撮影、見学なども楽しめる。

道の島交通は名瀬市街地のみならず、奄美大島全市町村を結ぶ路線バスを運行しており、島民の足としての役割を果たしている。

また、貸切バスも運営しており、利用すれば島内の観光名所を団体でめぐる事が出来る。

奄美群島は、薩摩藩により沖縄と鹿児島を結ぶという意味で「道の島」と名付けられた。

これが道の島交通の社名の由来だ。

奄美大島には交易港であった津代と赤木名グスク(城)を結ぶ「道の島古道」があり、その周辺では市指定文化財の史跡、「アナバリトフル」など、奄美地方特有の古い墓を多数見ることができる。

また、奄美大島は自然豊かで、サンゴ礁の海、熱帯さながらのマングローブの林、陸には原生林がある。

国指定の特別天然記念物に指定されている「アマミノクロウサギ」の生息地でも知られる。

その他、国指定天然記念物「ルリカケス」、「オーストンオオアカゲラ」、「オオトラツグミ」、「アカヒゲ」などの鳥類、「オカヤドカリ」や「ケナガネズミ」など絶滅危惧種を含む貴重な生物が生息している。

バスの日である9月20日は、1903年に日本で最初にバスが運行された日。

日本バス協会では、「バスのあるまち。

ひとに、地球に、優しいまち。

」をテーマに、「バスフェスタ2012」を展開する。