北海道では鳥がブーブー鳴く? 北海道の焼きとり事情

写真拡大

「焼きとり」とは串に刺した鶏の胸肉や内臓など焼いた食べ物……こんなことは常識中の常識だ。

ところが北海道の焼きとりは、なんと豚肉を使用しているというのだ。

それが本当だとすれば、まさしく常識を覆す重大な事実である。

これは確かめずにいられない。

豚肉を使っているにも関わらず堂々と焼き鶏を名乗っているのは、「室蘭焼きとり」である。

室蘭焼きとりを出す店は地元室蘭にはもちろんのこと、現在では北海道各地にあり、道内では室蘭の味としておなじみである。

ではなぜ、室蘭で“豚肉を使った焼きとり”という特殊なご当地グルメが定着していったのだろうか。

まずその歴史を探ってみた。

室蘭は製鉄の街として、明治から昭和にかけて多くの労働者が集まり大いに繁栄した。

しかし、昭和12年に日中戦争が勃発。

日本政府は食糧増産、軍用靴生産のための豚革確保を目的に、全国の農家に養豚を奨励した。

そして、豚の肉と皮以外は食べてもよいというお達しを出したという。

そこで市内の焼きとり店はこぞって豚の内臓(モツ)を仕入れ、メニューに取り入れた。

これには当時、鶏肉が高価でどの店もとても仕入れることができなかったという背景も関係している。

そのため、もともとは鶏肉の代わりに野鳥を使用していた。

しかし、野鳥は決まった季節にしか食べることができない。

そこで、安定して入手できる豚のモツが、野鳥に取って代わるようになった。

しかし、料理名はすえおきで焼きとりと呼ばれ続け、いつしか「室蘭焼きとり」として定着したのだそうだ。

というわけで、室蘭焼きとりは豚がメインなのである。

多くの店では“鶏肉を使用した焼きとり”もメニューに用意しているが、あくまでもこの焼きとりの主役は豚だ。

そして、室蘭焼きとりは塩でなくタレが主流。

各店秘伝のタレがあり、味を競っている。

脇役として欠かせないのは、まず玉ねぎだ。

玉ねぎの産地でもある室蘭らしい組み合わせで、豚肉のおいしさを見事に引き立てる。

もうひとつ欠かせないのが洋がらし。

タレの甘さとツーンと鼻腔(びこう)を刺激する洋がらしの最強タッグは、室蘭に来たならぜひとも味わっていただきたい。

忘れられなくなること間違いなしだ。

室蘭内の焼きとり屋各店では、オープンと同時に客がのれんをくぐり始める。

酒のつまみとして日常から楽しまれているのはもちろんだが、イベントや祝い事がある際に家族で食べに行くという人も多いようだ。

酒場とファミレスの中間のような感覚だろうか。

ともかく室蘭市民にとって室蘭焼きとりはソウルフードそのもの。

根付き方がハンパではない。

伝統ある室蘭焼きとりの店は数多くある。

その中で個人的にイチオシしたいのは「やきとりの一平」だ。

室蘭や近郊の伊達、登別に5店舗、札幌にも2店展開している。

昭和25年(1950)から続く老舗だ。

炭火で焼いた豚精肉を、創業以来つぎ足し続けているタレに浸し、とどめに洋カラシをたっぷりと塗る……室蘭焼きとり王道のスタイルをしっかりと継承する人気店だ。

味もさることながら、大衆酒場を思わせる、レトロな雰囲気が漂う店内もすてき。

室蘭観光を楽しんだ一日の〆にでも、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

もちろん他にも室蘭焼きとりの店はある。

室蘭に来て焼きとりを食べる際、室蘭焼きとりの店は必ず店舗や看板などに「室蘭焼きとり」と表示しているので、よく確かめてからのれんをくぐろう。