日本最北端の北海道稚内で海の”B級”グルメ「Sea級グルメグランプリ」開催

写真拡大

日本最北端の北海道稚内宗谷岬はオホーツク海と日本海に挟まれ、海産物の宝庫だ。

ここを舞台に、9月22日(土)、23日(日)に「日本海・オホーツク海グルメバトル2012〜Sea級グルメグランプリ〜」が開催される。

開催時間は10時00分〜16時00分。

会場はキタカラ・JR稚内駅前広場。

ちなみに、”Sea級グルメ”とは、国土交通省が地域活性化の拠点港「みなとオアシス」に認定した港周辺で捕れた海産物を素材にする料理。

稚内港は2007年北海道第1号登録している。

2007年から始まったこのイベント。

年を追うことに、多くの市民・観光客が訪れ、昨年は3日間の開催で15,050人を集めたほど。

いまや、同イベントを売りにした旅行ツアーが企画されるなど、稚内の一大イベントへと成長した。

昨年までは、オホーツク海と日本海それぞれの食材を用いた鍋を、集まったお客さんが試食し、どちらの鍋が美味しいか投票し、優勝を決めるというものだった。

今年からは、各店が日本海かオホーツク海で水揚げされた海産物を使ったオリジナル料理をエントリー。

来場者は”Sea級グルメ”を食べ比べ、最も優れたグルメを1品選び、会場内に設置した投票箱へ投票する。

投票数上位3品が表彰されることになった。

1位にはゴールドトロフィーと賞金5万円、さらに2013年開催の「第3回Sea級グルメグランプリ全国大会」出場権が与えられる。

2位にはシルバートロフィーと賞金3万円、3位にはブロンズトロフィーと賞金2万円が贈られる。

いわば、B級グルメの”海の幸”限定バージョン。

今回からタイトルにも「Sea級グルメグランプリ」が加わった。

来場者にも特典があり、”Sea級グルメ”を三品以上食べると豪華賞品が当たる抽選会に応募できる。

なお、Sea級グルメは、有料販売となる。

グランプリを争うグルメのほか、例年バトルの対象となっていた500人用の大鍋は、9月22日「エビ鍋」、23日「カニ鍋」が予定され、それぞれ先着500名に、100円で提供される。

また、宗谷海鳴り太鼓、キッズダンス、宗谷ご当地体操、エンジェルボイスコンサート、観光クイズ、ゲーム各種、リボンちゃんクイズ大会、おたのしみ抽選会などが予定されている。

ヨーヨーすくいやスーパーボールすくい、フワフワ遊具などが用意されているキッズコーナーほか、稚内の観光PRキャラクターである「出汁之介(だしのすけ)」や北海道デスティネーションキャンペーンイメージキャラクターの「キュンちゃん」もやってくる。