カルティエの稀少なウォッチ揃う「TANK Gallery」 太田選手らメダリスト来場

写真拡大

 「Cartier(カルティエ)」の新作タンク ウォッチ「タンク アングレーズ」の発売を記念して、「TANK Gallery(タンク ギャラリー)」がカルティエ 南青山店で9月7日から開催される。一般公開に先駆けて9月6日にはオープニング パーティが行われ、ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した太田雄貴選手らが出席。イギリスにオマージュを捧げた「タンク アングレーズ」にちなんでブリティッシュ調の衣装と、タンク ウォッチを身に付け、ドレスアップした姿を披露した。 カルティエTANK Gallery公開の画像を拡大

 1917年に誕生したタンク ウォッチの歴史を紐とく「TANK Gallery」では、「Cartier」がジュネーブに所蔵する稀少な「カルティエ コレクション」11点を年代別に展示。カルティエ 南青山店のエントランス脇に展示された、タンク ウォッチの起源タンク ノーマルは、第一時世界大戦に使用された戦車の平面図をインスピレーション源にスクエアフォルムがデザインされ、2年後の1919年に製品化。以降、1989年発表のタンク アメリカン、1996年のタンク フランセーズへとデザインは受け継がれていく。「カルティエ コレクション」の最後を飾るのは「2012」の文字が記されただけの空のショーケースで、95年にわたるタンク ウォッチの歴史に新作のデザインが加わるということが表現されている。また、地下1階には、ジョン・j・パーシングをはじめモハメド・アリやイヴ・サンローランなど、メゾンのクリエイションに共鳴しタンク ウォッチを愛用した"タンキスト"の写真を展示。11月の発売に先駆けて、「タンク アングレーズ」最新作であるステンレススティールとピンクゴールドのコンビモデルも公開されている。 南青山の「valveat 81(ヴァルヴィート 81)」で行われたオープニング パーティには、太田選手の他、千田健太選手、淡路卓選手の銀メダリスト3名が揃って参加。普段よりもドレスアップしたファッションのポイントについて、淡路選手は「新作タンクが似合うよう綺麗めの装いにしました」と話し、それぞれがスタイリングの一部にチェック柄を取り入れた。太田選手は「オリンピックで銀メダルを獲ったことでこの場に呼んでもらえて、タンクを身に付けられて嬉しいです」をコメントし、笑顔をみせた。■TANK Gallery 期間:2012年9月7日〜2012年9月17日 場所:カルティエ 南青山店    東京都港区南青山 5-3-2 時間:12 :00-20 :00※問い合わせ先:カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757