10万件のマッチングが成立。Facebookを活用したマッチングアプリ「Omiai」

写真拡大

インターネットマーケティング企業のネットマーケティングは、Facebook上で運営する恋愛・結婚マッチングアプリ「Omiai」で、会員が異性の会員に興味を持った際にお互いに「いいね!」ボタンを押すことで成立する「マッチング件数」(お見合い成立件数)が10万件に到達したと発表した。

同アプリは、普及率が高く実名制を採用しているFacebookを活用し、2月21日に提供を開始。

サービス開始後1カ月半で1万件、3カ月で3万件、6カ月半で10万件と伸長し、現在も1日に約600件超のペースで増加しており、出会いのきっかけになっているという。

登録方法は、Facebook上でアプリの許諾を行い、いくつかの必須情報を設定する。

実名非公開で利用できるので、Facebookの友達に「Omiai」を利用していることを知られずに利用することができるという。

同社では、カスタマーセンターを設置し、24時間365日投稿を監視。

いつでも問い合わせができ、不審な会員がいた際の通報機能も充実している。

また、Facebookで既婚設定の人は、アプリを利用できない仕組みだ。

なお、会員数は9月4日時点で7万人(男性4.6万人、女性2.4万人)。

平均年齢は、男性が32歳、女性が28歳。

利用料金は、男性会員が基本料金2,980円(異性とのマッチングまで無料)、女性会員は無料とのこと。