外国人から見た日本 (44) 「変わってるなぁ」と思った日本の食事

写真拡大

普段私たち日本人が当たり前のように食べている日本食やその食べ方も、食文化の異なる外国人にとっては意外に感じることも多いのではないでしょうか。

そこで、外国人20人に「日本食の変わった食べ方」について聞いてみました。

・生卵をごはんにかけて食べていること (ラオス/女性/20代後半)・熱いごはんの上に生卵をのせて食べていることです (中国/女性/30代後半) ・白ごはんに醤油をかけて食べるのに驚きました。

ごはんに味がなくてボソボソしているからそういう食べ方をするのでは? 日本人にとってはおなじみの卵かけごはん。

少し前には卵かけごはんブームが巻き起こり、TKGなどと略されるほどの人気となりました。

しかし、外国人にはとても珍しい食べ方と感じるようです。

・麺類を食べるときに、大きな音を立てること (アメリカ/男性/30代前半)そばやうどんをすするときにはズルズルッと音を立てるのは日本ではマナー違反ではありません。

しかし、確かにスープを飲むときなどは音を立てませんよね。

こちらも外国人にとっては、日本に来て驚いた食に関する文化の1つのようです。

他にも、・手で寿司を食べること (シリア/男性/30代前半)・食事に砂糖がたくさん入っていると感じる。

甘い玉子焼きも驚きました (マリ/男性/30代前半)寿司を手で食べる人は日本人でも少数派かもしれませんが、お箸で食事をするイメージを抱いていると驚くかもしれませんね。

あとは、和食ですと、甘辛い味付けは多く、外国人の中にはそういった味付けも「変わっている」と感じることも。

まさかの卵かけごはんが登場した今回。

日本人なら誰でも一度は食べたことがあるであろうメニューも、海外から見ると特別な日本の食文化とうつっているようですね。